2ch勢いランキング 全部 1- 最新50

【サッカー】香川が1アシストも…ドルトムントが「幻のゴール」の不運もありトッテナムに敗戦 [無断転載禁止]©2ch.net



豆次郎 ★@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 05:54:39.76:CAP_USER9
9/14(木) 5:38配信

香川が1アシストも…ドルトムントが「幻のゴール」の不運もありトッテナムに敗戦

 現地時間9月13日、チャンピオンズ・リーグのグループステージH組1節で、トッテナムが3-1でドルトムントを下した。
 
 ホームのトッテナムは、デル・アリが出場停止で3-4-2-1システムを採用。一方のドルトムントは4-3-3を選択し、香川真司を左インサイドハーフで先発させた。
 
 トッテナムは4分、いきなり先制に成功する。カウンターから左サイドを抜け出したソン・フンミンが、巧みなフェイントでパパスタソプーロスを交わして、左足でゴールネットを揺らした。
 
 するとドルトムントも11分、すぐさま同点に追いつく。ヤルモレンコが香川とのコンビネーションで敵陣を崩し、得意の左足で見事なシュートを叩き込んだ。
 
 しかし15分、トッテナムが再び突き放す。クリアボールから身体を張って左サイドを強引に抜け出したケインが、そのまま左足でニアサイドを突き刺した。
 
 その後はドルトムントが攻勢を仕掛け、31分にオーバメヤン、37分にプリシッチが決定機を迎えるがゴールは奪えず。トッテナムの1点リードでハーフタイムを迎えた。
 
 後半は一進一退の続き、56分にオーバメヤンがクロスを足で合わせてゴールネットを揺らす。しかし、線審がその手前にいた選手と見誤ったかオフサイドの判定が下り、不運な「幻のゴール」となった。
 
 直後の60分、トッテナムが3点目を奪う。デンベレ、デイビス、エリクセンと細かく繋いだボールを受けたケインが、左足でコントロールショットを叩き込んだ。
 
 2点のビハインドを背負ったドルトムントは、66分に香川をゲッツェに、72分にダフードをカストロに、80分にトプラクをザガドゥに代えて状況の打開を図るも、大きな変化が生まれるまでには至らなかった。
 
 トッテナムはゲッツェの顔に手を当ててしまったヴェルトンゲンが、92分に二枚目のイエローカードで退場するも、最後までドルトムントの攻撃を跳ね返す。このまま3−1で勝利した。
 
ttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170914-00029960-sdigestw-socc
ttps://amd.c.yimg.jp/amd/20170914-00029960-sdigestw-000-3-view.jpg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:23:41.09:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 07:23:50.19:kzUBjZq30

勘違いしそうなシチュエーションだ
しかしなぜビデオ判定すればいいだけの話
馬鹿げてるな
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:23:54.16:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:24:11.74:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:24:25.68:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:24:38.24:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:24:40.95:6JzhNiIC0

これが劣等民族の劣って穢い遺伝子に刻まれた凄まじい対日コンプレックスかw
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:24:50.36:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:25:01.39:6JzhNiIC0

人間は自分らより遥かに劣った存在を妬めないよw
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:25:02.55:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:25:11.91:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:25:25.65:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:25:38.12:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:25:50.16:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 07:25:59.52:/tz4hs/m0

これってさ副審下手すぎだよ
素人の4級審判でもやらない間違いだわ
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:26:01.46:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:26:12.53:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:26:26.86:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:26:39.64:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:26:53.32:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 07:26:55.69:o4wdqOWa0
今日のネウヨ涙目スレ
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:27:12.32:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:27:21.39:WtwXA/cS0
ソンフンミンすげーじゃん
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:27:26.53:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:27:39.49:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:27:51.82:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:28:13.80:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:28:27.05:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:28:39.82:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:28:46.03:VeieV7c30
実質ジャップで負けたわ
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:28:49.40:jYfs6MxG0
やっぱソンフンミンだな
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:28:52.18:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 07:28:53.99:xhHQEddT0
ナポリ…
セリエ…
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 07:29:11.17:9zPe1kXb0
香川よりDFが酷すぎて話にならんわ。
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:29:12.71:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:29:26.82:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:29:39.23:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:29:45.68:e2DNawne0

ソンがゴールして勝っただけにカガシンの発狂具合が凄いw
コピペの多さがカガシンの衝撃の大きさを表してる
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:29:46.81:f2nOt5O50
引いて守る相手に点とっても取り消されたら勝てませんわ
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:29:51.07:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:30:01.26:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:30:12.08:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:30:25.76:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:30:38.29:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:30:50.60:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:31:01.42:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 07:31:04.15:XptM9uhF0
やるもレンコってデンベレやプリ湿地とかと
比べてどう?
あとモルって放出したんかね
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:31:12.03:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:31:26.03:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 07:31:28.84:7zHUbI5H0
決勝は無理そうですね
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:31:40.16:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:31:50.26:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 07:31:59.11:vsMZ90NK0
初老ネトウヨ、平日の朝から韓国人に嫉妬しコピペ荒らし
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:32:01.58:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:32:12.19:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:32:26.23:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:32:35.41:eTJVyurK0
なんのためのビデオ判定なのかな?
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:32:40.35:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:32:50.36:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:33:00.80:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:33:11.17:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:33:25.26:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:33:37.79:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:33:49.51:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:34:00.88:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:34:11.29:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:34:25.50:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:34:38.10:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:34:52.26:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:35:00.80:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 07:35:08.39:268X6Xxk0
香川に都合悪いスレ立つと進藤軍団が荒らすから最悪だわ
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:35:11.55:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:35:25.64:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:35:38.02:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:35:44.19:A7sxRBjL0
流石!尊糞民!!
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:35:50.16:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:36:00.71:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:36:11.39:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:36:25.39:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:36:26.50:3K+c7jy50
言うほどアシストか?というくらいヤルモレンコのゴラッソ
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:36:38.23:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 07:36:57.39:+6A0BUkl0
これはネトウヨ大発狂ww
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:37:01.79:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:37:12.15:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 07:37:15.76:XKEJFiHd0
やはり韓国兄さんには敵わない
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:37:25.91:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:37:38.43:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:37:50.91:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:38:11.52:fFoNltjK0
hgfhj
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:38:25.38:fFoNltjK0
gregeg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:38:37.97:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:38:49.79:fFoNltjK0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/09/14(木) 07:40:14.11:W5tZh/Dp0
在日カガシンが本田のアシスト1を馬鹿にしてたら、香川もアシスト1(しかも本田以下)で動揺www

さすがカンナム反日時代が大好きな香川さんやなあwww
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:40:18.26:VNzhrCjT0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:40:56.24:VNzhrCjT0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:41:32.68:VNzhrCjT0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:41:46.51:VNzhrCjT0
ghkhhg
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:42:12.24:VNzhrCjT0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:42:21.26:VNzhrCjT0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 07:42:33.71:VNzhrCjT0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決
勢い5万以上のスレをメールでお知らせするサービス、実施中!!
憧れボディをGETしたい!その夢、ボニックで!

2ch勢いランキング 全部 1- 最新50 芸スポ速報+板ランキング

凡例:

レス番

100 (赤) → 2つ以上レスが付いている
100 (紫) → 1つ以上レスが付いている

名前

名無しさん (青) → sage のレス
名無しさん (緑) → age のレス

ID

ID:xxxxxxx (赤) → 発言が3つ以上のID
ID:xxxxxxx (青) → 発言が2つ以上のID

このページは2ch勢いランキングが作成したキャッシュです。元のページはこちら。削除についてはこちら