2ch勢いランキング 全部 1- 最新50

【お盆だし】小中学生のチャット荒らそうぜwwwwwwwwwwwwww [無断転載禁止]©2ch.net

[] 2017/08/12(土) 21:29:18.186:/d25GZYd0
【歴戦のおもちゃ達】

・豆腐くん
香ばしいキッズとして初めて降臨したおもちゃ。彼の香ばしさは当時他の追随を許していなかったが…!?

・きびたきさん
いい人。とにかくいい人。彼だけは他のキッズと一緒にしてはならない。ノリのよい人であり、焼き肉の先駆者でもある。

・ほむらきくん(焔樹くん)
香ばしさに加え人間不信という新たな特徴を見せつけてくれたおもちゃ。未だにその傷は癒えていない。ROMに過剰に反応するので注意。

・神楽くん
頂点にして頂点。嘘を嘘で塗り固めることを最大の特技とし、臭さ、香ばしさ、敗北宣言のレベル(→ttp://i.imgur.com/6WSQf1T.jpg )、すべてを取っても最高のおもちゃである。恋人(笑)のルナちゃんと破局し失踪。今や後世に語り継がれる伝説のキッズとなった。

【要らない子】

・神楽舞 (Android 125.170.***.161)
出会い厨→スレバレ厨に転身したガイジ。

ttp://www.3751chat.com/
[] 2017/08/12(土) 22:44:07.694:/d25GZYd0

原住民はあがな、猫、マックスなんちゃら、黄色いのだけだぞ
[] 2017/08/12(土) 22:44:34.254:zC4QZdIGd
ようただな
[] 2017/08/12(土) 22:46:41.289:Tf9mv7yt0

おけ
[] 2017/08/12(土) 22:47:03.721:G9NebL9s0
レインボー臭誰だよ
絡まれた
[] 2017/08/12(土) 22:48:30.950:nP472Ha20
今日も建ってたので来た
[] 2017/08/12(土) 22:50:58.834:aGDvySpL0
今北
のとこにいけばいいか?
[] 2017/08/12(土) 22:51:22.663:/d25GZYd0
マックス攻めようぜ
[] 2017/08/12(土) 22:52:43.408:ZBy9FkKK0
考えてみればこのスレの趣旨とは少し違うかもしれないけど
女子達のルームにエロ画像貼りまくるのも面白そうな
[] 2017/08/12(土) 22:53:22.303:Tf9mv7yt0

おけ
[] 2017/08/12(土) 22:53:30.654:+NGu9Q6Ud

よし
[] 2017/08/12(土) 22:53:41.052:/d25GZYd0

蹴られるか落ちるかどっちかだろどうせww
[soko] 2017/08/12(土) 22:57:38.811:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。
[sage] 2017/08/12(土) 22:57:45.498:s7xPqu19d
おまいら悪さしたあかんで!
[soko] 2017/08/12(土) 22:58:05.792:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。
[soko] 2017/08/12(土) 22:58:50.137:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 22:59:08.200:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[] 2017/08/12(土) 22:59:23.293:0P7RIm+B0
F9おはよう
[soko] 2017/08/12(土) 22:59:56.390:qxGBBqg/0
お前らは無能
[soko] 2017/08/12(土) 23:00:34.890:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:01:19.097:qxGBBqg/0
お前らはゴミ
[soko] 2017/08/12(土) 23:01:56.834:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの鉗a轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:02:35.747:qxGBBqg/0
所詮無能
[soko] 2017/08/12(土) 23:02:58.902:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:03:24.710:qxGBBqg/0
他サイト荒らすと言っていざスレが荒らされるとだんまりのゴミ
[] 2017/08/12(土) 23:03:38.200:ZBy9FkKK0
随分久しぶりだなF9
[soko] 2017/08/12(土) 23:03:48.602:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:04:07.964:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[] 2017/08/12(土) 23:04:12.406:ZBy9FkKK0

それ言うなら焼き肉しろよ…
[] 2017/08/12(土) 23:04:19.460:HScAJwMu0
めっちゃあぼんあるんだが基地外でもきたのか?
[soko] 2017/08/12(土) 23:04:36.179:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:04:56.597:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:05:22.191:qxGBBqg/0
いじめっ子と同じ思想のゴミクズ
[] 2017/08/12(土) 23:05:34.382:/d25GZYd0

ここいい漢字
[soko] 2017/08/12(土) 23:05:41.164:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:06:01.020:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[] 2017/08/12(土) 23:06:03.208:zC4QZdIGd
何者だ。F9
[] 2017/08/12(土) 23:06:07.101:Tf9mv7yt0
NGですっきり
[soko] 2017/08/12(土) 23:06:18.125:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:06:36.836:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[] 2017/08/12(土) 23:06:48.497:/d25GZYd0
ほんとだあぼーんめっちゃある
[soko] 2017/08/12(土) 23:06:50.990:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:07:02.524:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:07:19.550:qxGBBqg/0
小中学生以下のゴミ
[soko] 2017/08/12(土) 23:07:28.730:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:07:41.703:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:07:58.091:qxGBBqg/0
ここを荒らしてるのも小中学生の常識皆無なガキ共なんだろうな
[] 2017/08/12(土) 23:08:21.626:Tf9mv7yt0
レンくんいい反応してるわほんと
[soko] 2017/08/12(土) 23:08:21.775:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:08:44.620:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:09:02.742:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:10:08.360:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[soko] 2017/08/12(土) 23:10:34.847:qxGBBqg/0
死ね
[soko] 2017/08/12(土) 23:10:48.111:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。
[] 2017/08/12(土) 23:11:15.744:G9NebL9s0
あぼーんだけど保守してくれるいい奴だから嫌いじゃない
[soko] 2017/08/12(土) 23:11:18.675:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
[soko] 2017/08/12(土) 23:12:04.646:qxGBBqg/0
いじめモドキの行為しかできない陰湿馴れ合い厨
[soko] 2017/08/12(土) 23:12:19.801:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
[soko] 2017/08/12(土) 23:12:29.499:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
[soko] 2017/08/12(土) 23:12:50.863:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
[soko] 2017/08/12(土) 23:13:21.281:qxGBBqg/0


👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
[soko] 2017/08/12(土) 23:13:34.271:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
[soko] 2017/08/12(土) 23:14:09.110:qxGBBqg/0

[] 2017/08/12(土) 23:14:14.149:aGDvySpL0
いつ肉焼くの?
[soko] 2017/08/12(土) 23:14:19.791:qxGBBqg/0

[soko] 2017/08/12(土) 23:14:34.824:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
[] 2017/08/12(土) 23:14:40.124:+NGu9Q6Ud
レスポンスなくなってきたなそろそろ移る?
[soko] 2017/08/12(土) 23:14:48.793:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
[soko] 2017/08/12(土) 23:14:58.307:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
[soko] 2017/08/12(土) 23:15:06.466:qxGBBqg/0

[soko] 2017/08/12(土) 23:15:18.738:qxGBBqg/0

[soko] 2017/08/12(土) 23:15:27.617:qxGBBqg/0

[soko] 2017/08/12(土) 23:15:38.102:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
[soko] 2017/08/12(土) 23:15:51.878:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
[soko] 2017/08/12(土) 23:16:02.437:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
[] 2017/08/12(土) 23:16:05.897:/d25GZYd0
MAXくんは明日に持ち越しかな?
[soko] 2017/08/12(土) 23:16:23.508:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
[soko] 2017/08/12(土) 23:16:38.904:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
[soko] 2017/08/12(土) 23:16:51.826:qxGBBqg/0

[soko] 2017/08/12(土) 23:17:07.947:qxGBBqg/0

[soko] 2017/08/12(土) 23:17:17.376:qxGBBqg/0

[soko] 2017/08/12(土) 23:17:46.351:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
[] 2017/08/12(土) 23:17:47.179:Tf9mv7yt0
完全勝利
中々いい反応だった
[soko] 2017/08/12(土) 23:17:50.586:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
[soko] 2017/08/12(土) 23:18:02.904:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
[soko] 2017/08/12(土) 23:18:11.590:qxGBBqg/0

[soko] 2017/08/12(土) 23:18:23.567:qxGBBqg/0

[soko] 2017/08/12(土) 23:18:35.325:qxGBBqg/0

[] 2017/08/12(土) 23:18:40.464:/d25GZYd0
一応名前覚えとこう
明日見つけたら名前変えて凸するぞ
[soko] 2017/08/12(土) 23:18:46.633:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
[soko] 2017/08/12(土) 23:18:55.853:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
[soko] 2017/08/12(土) 23:19:15.158:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
[soko] 2017/08/12(土) 23:19:27.200:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
[soko] 2017/08/12(土) 23:19:42.907:qxGBBqg/0
香ばしい夏キッズ共へ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です


いじめ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
[soko] 2017/08/12(土) 23:20:01.813:qxGBBqg/0

[] 2017/08/12(土) 23:20:53.579:/d25GZYd0
なかなかいい素材だった
次探すぞー
[sage] 2017/08/12(土) 23:21:12.987:N8+b8n8Z0

ttp://www.3751chat.com/ChatRoom?guid=ON&room_id=470856&chatter_auth=5XKkF3LfNwvnh1hRfvIQEs

ここはどう?
[] 2017/08/12(土) 23:21:29.590:+NGu9Q6Ud
4,5人で定員12人くらいがベスト?
[soko] 2017/08/12(土) 23:21:40.871:qxGBBqg/0

[] 2017/08/12(土) 23:22:06.557:YKMPFTr60
今北産業
[] 2017/08/12(土) 23:22:09.854:+NGu9Q6Ud

そこ俺も気になってた行く?
勢い5万以上のスレをメールでお知らせするサービス、実施中!!
憧れボディをGETしたい!その夢、ボニックで!

2ch勢いランキング 全部 1- 最新50 ニュー速VIP板ランキング

凡例:

レス番

100 (赤) → 2つ以上レスが付いている
100 (紫) → 1つ以上レスが付いている

名前

名無しさん (青) → sage のレス
名無しさん (緑) → age のレス

ID

ID:xxxxxxx (赤) → 発言が3つ以上のID
ID:xxxxxxx (青) → 発言が2つ以上のID

このページは2ch勢いランキングが作成したキャッシュです。元のページはこちら。削除についてはこちら