2ch勢いランキング 全部 1- 最新50

ミシマメルマガ


名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2010/09/08(水) 11:22:13
ttp://http://www.melma.com/backnumber_149567/
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 10:38:53
「当時、新左翼の運動が広まっていて危機感があった。(中略)
三島先生は、『君が田村君か、さあ座りなさい』とおっしゃり、これが最初の言葉だった。じっと見られた大きな目が
キラキラ輝いていて、印象に強く残った。実にあっけない最初だった。
(中略)
体験入隊終了直前、緊張の連続と疲労の極みで胃液を吐きダウンしてしまった。薬を飲まされ、隊舎のベッドで
横になっていると、三島先生がいらしたんです。ベッド脇に座られて『大丈夫か』と声を掛けてくださった。
『幾つになった』と訊かれ、『十八です』と答えると、『そうか、俺は君の親の世代なんだなあ。無理するなよ、
行けるか?』と。先生のあの声は忘れられないですよ」
田村司(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 10:41:10
「とにかく入学した前後って、大学紛争が一番大変だった時、最初に入試を受けた時はバリケードがあって
機動隊が出てましたよ。早稲田の文学部は革マル派の本拠地だった。圧倒的に、革命論争だとか新左翼系の話が
主流でした。でも、いわゆる左翼系の議論には違和感があった。どうもちょっとおかしいと。それでいろんなものを
読んでる中で、一番明解に論を展開していたのが三島先生だった。そういう意味じゃ、『論争ジャーナル』に
出て来て論陣を張ったというのは画期的だった。
自衛隊に行こうと思ったのは、当時はマイナーな存在で、どちらかというとマイナスの評価だった。それと規律で
全部縛られている所では自分がないと言われていましたから、本当に徹底してがんじがらめの規制の中で人間が
どうであるか、自由でありうるか、それを一回やってみたいと思ったんです」
佐原文東(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 10:42:53
「三島先生の『楯の会』は、思想的に自由な所だったというのが大きかったと思います。思想的束縛がありません
でした。会自体すごく幅広い人が入って来ていました。僕なんか、従来型の右翼系の人とは随分違ったと思います。
僕は、三島先生といろいろ話していて、今まで会ってきた人の中であれ程頭のいい人はいなかったですね。
非常に明晰で、クリア。透明なんですよ、透明。なんていうかクリスタルガラスのような、水晶のような、
そんな印象でした。
森田さんは、ともかく明るい人でした。話していて非常に気分のいい人。裏表がない人。そういう意味で
翳のない人だよね。生き方にも翳がないし」
佐原文東(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 10:50:04
「三島先生は先駆的な考えをお持ちで、当時、『論争ジャーナル』という雑誌で民兵構想というのを出されて
いました。こういうのは、これから面白いなと思った。つまり自衛隊だけではなくて、民間人が防衛組織の一翼を
担うという構想を出されていた。アメリカでもヨーロッパでもそういう民兵というのはあるわけで、日本だけが
そのような民兵組織がなかった。自衛隊自体が、むしろほとんど否定されていたような世の中だったから、
ああいう考え方は非常に新鮮でした。
今でもよく覚えているのは、訓練の時に小銃を持って走るわけですよ。あの時、三島先生は『銃の重さを知ることが
非常に大切なことなんだよ』と語っておられた。よく記憶しています。国を守るということは、銃の重さを身体で
感じることなんだと、理屈ではないんだと。全くその通りだなと思いました。ほとんどの話は忘れてしまったけれど、
これはよく記憶していますね、銃の重さのことは」
イニシャルO、元京都大学生(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 10:54:59
「高校一年の時に、文化大革命が起きて、新聞は『文化大革命』礼賛一色ですよ。『毛沢東万歳!』ってすごかった。
ものすごい理想国家のように持ち上げていた。ところが、新聞にちっちゃく記事があって、大陸から香港に逃げて
フカに食われて死んじゃう人が何百人もいるのを目撃したって。そんな素晴らしい国ならなんで亡命して逃げて
来るんだ。変じゃないかって、子供心に思っていたわけです。
(中略)
右でも左でもなかった。ところが、昭和四十五年一月頃、早大キャンパスに確か『三島由紀夫と自衛隊に
体験入隊しよう』というタテ看板を見て、俺が求めていたものはこれだと、決心。楯の会という意識はなかった。
自衛隊に行くことが主で入会はついでだった。」
村田春樹(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 10:57:23
「そのあと、サロン・ド・クレールで三島先生に会いました。非常にさっぱりした感じだった。どんな本を
読んでいるかと訊かれて、大江健三郎と。その時、先生は大江健三郎の絶版になった本の話をしたんだよ。
『政治少年死す』ていうやつを。読んでないから答えられなかったんだよね。
先生は、なんでこんなヤツが来たんだみたいな顔して、森田さんの方を見た。森田さんは『いやいや、なかなか
元気がいいですから』と言ってくれました。森田さんの一言で、私は救われたようなもんです。そうでなければ、
こんな軟弱な学生が入れるわけないじゃないですか。森田さんて人は、知れば知る程素晴らしい人でしたね。
快活という言葉、一言。」
村田春樹(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 10:59:25
「三島由紀夫先生と楯の会のことは、田舎にいる時は全然知らなかった。興味もなかったし。父親が靖国会を
やっていて、その関係で森田必勝さんに会ったんです。
確か、森田さんが橘孝三郎(祖父)のことを知って、靖国会の事務所を訪ねて来たんです。その後、私も
紹介されました。親父は森田さんのことをこう言ってました。
『森田必勝という、なかなかいい男が俺を訪ねて来たぞ。凄く気骨のある人間だ。凄くいい青年だぞ』って。
くりくりっとした坊主頭の人で、本当にね、少年みたいにね、本当に裏のない人でした。森田さんは兄と同じ
二十年生まれ、ずっと兄のように思っていました。
(中略)
西新宿のルノアールで、三島先生にお会いしました。ほとんど何も言えなかったけどね。『橘先生、お元気ですか?』と、
祖父の橘孝三郎のことを訊かれたことを覚えています」
塙徹二(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 11:17:35
「森田とは同じ年だった。ある時、先生が俺をからかって、『森田には命預けますっていう学生がいっぱい
いるんだよ』と言ったんだ。そうしたら、森田は顔を真っ赤にして、『いやあ、僕の命は先生に』って言った。
僕は自分の日記に書いても先生に直接そんなふうに言ったことないよ。
(中略)
自分ではちゃんとしていたつもりだったけど、先生に怒られたことがある。『お前ら女みたいだな。ころころ
変わって』って。
俺たち、時間前から行ってバリバリやる気でいるかと思ったら、だらだら遅刻したり、自分では変わってないつもりが、
変わっていたんだ」
川戸志津夫(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 11:19:25
「私は、正式な会員じゃないんです。もともと大学が早稲田だったから、楯の会のことはよく知っていたんですよ。
でも、その当時は入ろうという意識はなかったですね。(中略)
国学院の友人に、三島先生に心酔しているものがいて、仲間と一緒に先生に会いに行くことになったんです。
それにも、たまたま行かなかった。友人は、念願の先生にお会いして、頭の中が真っ白になって『先生は、
いつ死ぬんですか?』と訊いたそうですよ。
先生は、『わっはっはっ』と大笑いされて、『まあ、お茶でも飲め』と、紅茶をご馳走になった。何も聞け
なかったけど、気さくな人だったと。夏の暑い日だった。社交辞令だろうけど、募集してるから、また来い、
ともおっしゃってくれたそうです」
須賀清(元楯の会幻の六期生)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 11:23:59
「森田必勝とは同じ二十五歳だった。当時、森田たち十二社のメンバーはすぐにテロだとか言っていた。
できるわけねえじゃないかこいつら、と思っていた。でも、事件が終わってから、森田の見方が変わった。
あの男に対する見方は変わったよ。先生に対しては変わらない。もともと凄いなと思っていたからね。
(中略)
何かの折に触れ思い出すと、『あいつは凄かったな』と思う。要するに、腹を切る切らないの前に、あの状況に
立てるかどうか考えた。それから介錯して、短刀を取って……。あの状況に立った古賀、小賀、小川、森田は
凄いと思う。
三期で一緒だった牧野隆彦が、先生が亡くなった四十五歳を越えた時、『先生に、すまない』と言った。そして、
翌年四十六歳、くも膜下出血で死んでしまった。その時は、ショックだったね」
川戸志津夫(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 14:23:31
「たぶん、先生は最初一人で死ぬつもりだった。森田さんも死ぬ覚悟を決めていたんですよ。『森田の精神を
恢弘せよ』とは、その森田さんの純粋な行為、行動、信条を後の人に伝えろというのがあるのだと思います」
佐原文東(元楯の会会員)

「三島先生という存在自体は亡くなられても、文学者としての三島由紀夫、社会的な立場にある人としての
三島由紀夫は残ると思います。しかし、森田についてはおそらく何も残らない。森田について言いたいことは
政治的な森田。日本には『自決』という政治的表現があるんです。諭したい相手がダメだと思ったら、自らの命を
捧げて訴えるという政治的な表現法です。行動主義の森田だったから、西洋的にしゃべり尽して相手に伝える事を
せず、『自決』という行動で、『日本の真の姿を見よ』と訴えたかったんだろうと思います」
伊藤好雄(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 14:30:53
「先生はもうそれなりに著名で確立されている方です。でも、森田さんは無名でした。三島先生は、ものすごく
森田さんの身の上を案じ、今後、森田さんの精神がそのまま埋もれてしまうことに対して危機感があったんだと
思います。(中略)
僕の進んできた道を――商社に入ってずっと普通に生活してきたことを、申し訳ないという気持ちがあります。(中略)
僕は、大学で中国語を学び、中国という共産主義の国が隣にあって、日本がどう思われているのか、最近の反日の
運動を見るにつけ、その前から中国はずっと日本に対して辛く当たっていることを経験してきました。みなさんは
日本の中で日本を見てきたと思うけれど、僕は中国というフィルターを通して日本を見てきたんです。
預言者としての三島由紀夫というのは、ものすごく的確だと思います。今の日本の政治はぶれている。外交上、
中国にしてやられています。そういういたたまれない状況にあるだけに、非常に的確に予言していたな、と思います。
それだけに、三島先生や森田さんのやった行動が余計光ってくると思います。一条の光というか、僕は、やがて
もっともっと輝いてくると思っています」
古屋明(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 14:35:31
「フルコガ君(古賀浩靖)とは事件後、品川だったか、電車の中で偶然会ったことがあります。その時、彼は
『すみませんでした』と言ったので、僕は『そんなことないよ。君がそんなことを思うことはサラサラないね』と
答えた記憶があります。(中略)
先生は、残すべき人間は残したんだと思いますよ。おそらく。だから、残った人間は、重い荷物を背負って
いるんですよ。
私以外に、楯の会の会員で二人、自衛隊で定年を迎えた人がいます。彼らと違うのは、私は事件が起きる前に
自衛隊に入隊していたことです。二人は事件が起きたあとに入ったから。まあ、どちらが大変という比較は
難しいですが、それぞれ大変だったと思いますね。ずっとマークもされてましたから。多分、三人とも定年まで
マークされていたと思います。(中略)
事件当日に市ヶ谷で斬られた人と会ったこともあります。腕を斬られて、背中を何針か縫った人を知っています。
でも、三島先生のことを悪く言う人はいません。先生の心情はわかるということを、随分言われました」
イニシャルK、元明治大学生(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 14:38:45
「僕が、どうしてしゃべる気になったかというと、結局、あの事件は、『三島由紀夫』だけが前面に出ているから。
だから、世間の評価というのは、いわゆる作家が起こした結末だというのがほとんどでしょ。もし、三島先生一人
だけだったら、僕はそれは認めるわ。だけど、森田さんが一緒だった。まるで森田さんなんて、さしみの
ツマみたいなもんや。だから、僕はそれが我慢できへんかった。ずっと、今でも、そう思う。
三島先生は、もの凄い追い詰められたと思うの、森田さんに。本当に。もし森田さんがいなかったら、三島先生、
絶対せえへんよ。ああいうことは。思い切れなかったと思う。違った形でしたかもしれへんけど。自分で腹切って
死ぬことはあったかわからへんけどね。ああいうことはしなかったと思う。うん、すべて森田さんの影響よ、あれは。
森田さんの言動でもわかっていたし」
野田隆史(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 14:41:21
「(中略)森田さんは『自分でテロするなら、必ず自分の命を絶たなきゃいけない。生き残ったらいけないんだぞ。
そんなヤツいるか? 今の日本で、自分の命を賭けてもいい奴がいるか?』そう言った。森田さんは、その時、
もう覚悟できてたし、三島先生について行ったらいいと、自分の命を捨てる覚悟だったんやろうね。
三島先生は、すべて規定済みやった。たぶん野次で、自分の声がかき消されるのもわかってた。それを上回るような
マイク使ったら、値打ちもない。演説と違うんだから。やっぱし、最後は肉声よ。
明治維新から百年たって、高杉晋作や坂本竜馬がどうだったか、今では我々もわかる。五十年、百年たって、
わかる人がわかればいいのよ。
当時、二十歳前後だった我々は、他のみんながこれからどうして生きようという学生時代に、どうして死のうか
考えてた。それだけの覚悟をしてしまった。それは、森田さんも、我々も一緒だった」
野田隆史(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 15:28:46
「森田さんは、非常に純粋な方でした。だから、すべてを賭けておられたんでしょう。それは、言葉の片言隻句に
森田さんの純粋な気持を私なりに感じました。楯の会に対して、大切にしようという思いをつくづく感じました。
森田さんは、三島先生だけを行かすわけにはいかない、という学生長としての立場もあって、十分考えられたんじゃ
ないですかね。
すべてを森田さんが引き受けてしまったのだという思いはずっとしています。非常に、それは、辛い……。
若い、純粋な人が……。(中略)
今の日本には、遺憾極まりない気持です。靖国神社にしても、日中問題にしても、全部本質的なことを飛ばして、
表面的なことだけでやり過ごしている。そういうことを、森田さんは我慢ならなかったんだと思います。私は
今でもそうだから、二十代の純粋な考え方だったら、本当に我慢できなかったと思いますよ。
私は、今、学生にも言うんです。『こんないい加減な世の中に対して、君たちはなぜ憤りを持たないのか?』と。
イニシャルO、元京都大学生(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 15:31:16
楯の会にいたことを、特に学生には言っていません。三島由紀夫の本を読んだ学生はあまりいません。読めない
でしょう。あらゆる面で学力低下がひどいから、日本語がどんどんおかしくなっています。
僕らは、あの当時、それなりに自分の国のあり方を真剣に考えていました。右であろうが左であろうが。やっぱり
もっと国に対して真剣だった。今は、みんな本当にそういうものがまったく感じられない。(中略)
平和というのは、戦わないこと。今の日本では、それが平和だと言われています。不戦の誓いだとか。
本当にそうなのかなと思います。むしろ逆ですよ。平和というのは、自国の防衛をきちっとやって相手から
侮られないというのが平和であって、戦わないというのが平和ではないんです。それは奴隷の平和です。攻めて
くればやるぞ、という覚悟があって初めて平和というものは維持されるわけですから。
森田さんの志を恢弘せよというのは、やっぱりそれぞれ自分たちの現在の場所においてその当時の気持を実現せよ、
という意味で私は理解しています」
イニシャルO、元京都大学生(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 15:37:08
「三島先生と一緒に行動を起こし、残った三人のうちの二人古賀浩靖と小賀正義は、自分が楯の会に誘ったんです。
警察に留置されている二人のことをずっと考えました。(中略)
フルコガ(古賀)とチビコガ(小賀)が出てくるまでは、東京にいるのが義務だと思いました。
彼らが出てきたので、その年の秋、秋田に帰ることになりました。お金がなかったので、トラックをレンタルして、
運転手を古賀と友人が手伝ってくれました。一日かかって秋田に着き、夜に三人で酒を飲みました。その時、
古賀に訊いたんです。
『古賀(ヒロヤン)、ひとつだけ訊きたいことがある、いいか?』
『何だ?』
『十一月二十五日、あすこの現場を出る時、投降して捕まって出る時、どういう気持だったんだ?』
今考えると、バカな質問をしてしまった。自分でさえ頭がまっ白になったのに、彼らがその時のことを言葉に
表現できるはずかない……。気付かなかった」
伊藤邦典(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 15:39:35
「なかなか答えてくれないから、『あの事件は、何があなたに残ったんだ?』と訊いた。
すると、古賀は、カウンターの上で、ゆっくり右の手のひらをただ上に向け、何かを持つようにした。古賀は
その手をじっと見つめたまま、一言もなかった……。
それが何を意味しているのか理解したのは、一ヶ月か二ヶ月たってからだった。もう声も出なかった。それは、
三島先生と森田さんの、首の重さ……。それを知った時、ふーっと血の気の引くような衝撃に襲われた。あの人が
首を落とし、安置した。古賀だけが首の重さを知っている……。
彼らに事件のことを訊いたのはそれだけ。あとはもう訊けない。今でも時々会うが、一切そういう話はしない。
失礼に当たると思っています。(中略)
あの行動を凌駕する言葉とか文章、表現はない。それを残された会員みんな、漠然と確実に持ってしまっているんです」
伊藤邦典(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 15:44:07
「拘置所にいる時、記録として残しておこうと思った。日記のような形にしようと思って、それを看守に言ったら、
あかんと言われた。ノートは手に入ったので、洗面所にあった釘で書いた。結局、検閲で見つかって没収されて
しまった。(中略)
三島先生は、日本は文化概念として天皇陛下がいらっしゃると言われてきた。『我々の一番の根幹は、天皇を
守るか守らないか。これから稲を植えて収穫するのは、天皇家しかやらないんじゃないか、そういう未来が来るよ、
工業化のあげくに……』先生はずっとそう言っていた。
森田さんに対して……忸怩たるものがある……何もできていない……。しかし、僕をはじめ、みんなも表に
出なくていいと思う。本来埋もれていくべきだと思う」
小賀正義、三島由紀夫と共に決起(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/11(火) 15:46:34
「森田さんのことを語り合うのは価値があるが、自分たちのことを話すのは間違っていると思う。先生は
偉大な人だから、それは置いて、我々は埋もれていげばいい。埋もれなければならない。活動したことは
価値あることで、先生が『楯の会』という、今までにない団体で行動したのは、時代に夢があったからだと思う。
今後とも出て来ないだろうし、価値があった。でも、我々が、楯の会の会員だったということを口にするのは、
違うと思う。
森田さん自身、そんなに言ってほしくないと思っているのではないか……。僕は黙って死んで行く……という人だから。
(中略)
『森田の精神を後世に恢弘せよ』とは、三島先生と森田さんの、感性を持てということだと思う。先生があそこまで
できたのだから、僕もできるだろうと。それがずっとある……。自分はそれだけのことをやっている自信はある」
小賀正義、三島由紀夫と共に決起(元楯の会会員)

鈴木亜繪美「火群のゆくえ 元楯の会会員たちの心の軌跡」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/13(木) 22:32:32
横尾(忠則)番記者として働きはじめた頃に、三島由紀夫とも親しくなった。
平凡パンチ誌で三島の悪口を書くという企画があり、他の編集者は担当したくない様子だったので、自分が
名乗りでた。すぐ三島に電話をし、「今回は三島さんの悪口を書く企画ですが…」と正直に打ち明けて取材を
申し込んだのが、三島の好感をよんだらしい。
三島は人気実力ともにトップの作家でありながら、ハリウッドスターのようなオーラを発していた。
三島はこれまで見たこともないような光り輝く“創造物”という感じであった。パンダとかマダガスカル島の
横っ飛びのベローシファカのようにいつ会っても新鮮な驚異を与えてくれた。

椎根和「オーラな人々」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/13(木) 22:34:43
…オーラを発する人々ということでは、やはり六〇年代後半の、三島、横尾、寺山、玉三郎、土方たちは
超弩級であった。彼らのそばにいるだけで、異世界に連れていかれそうな気分になった。そのどこかに連れさられる
という不安感が、悦楽味であった。
モノの時代に入ると、そばにいるだけで、異界へつれていってくれそうなスターはいなくなった。
…ぼくは、三島の最後の三年間を剣道の弟子として稽古をつけてもらい、一緒に学生デモ視察へ行き、ボーリングをし、
白亜の三島邸へ何度も行った。
三島は、文学の方では、大ベストセラーを何作も書き、今なら流行語大賞受賞まちがいなしの国民的喝采を
あつめた。そういう文学的才能以外にも、新しい才能を発見する眼力があった。横尾忠則、坂東玉三郎、
美輪明宏、澁澤龍彦らは、三島の紹介によって市民権を得た、といってよい。

椎根和「オーラな人々」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/14(金) 12:04:01
ある日公威は威一郎を連れてデパートに参りましたが、何か玩具のことで親子喧嘩したと見え、そのとき
「お父様なんか死んでしまえ」と言われたようです。真顔で悲しそうに私に訴えに参りました。そのときの
公威の心境が今日になってよく判ります。

ある日私があるお客様にお目にかかったときのことです。「三島さんという方は不思議と決して他人に御家族のことを
一言もおっしゃいませんでした。それなのに二、三日前用談の途中で唐突に、僕は威一郎が 可愛くて可愛くて
どうにも仕方ない、本当に可愛いんだ、と二、三度同じことをくり返されるのです。こっちはちょっと面喰いましたが、
そのまま用談に戻りました」というお話でした。
平岡倭文重

平岡梓「伜・三島由紀夫」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/14(金) 12:15:34
公威は物差しやハタキのような長いものを持ってこれを振り回すのがとても好きでした。無意識にもウップン晴らしの
意味でございましたろうか。これらはやがて危ないというので、母(三島の祖母)に没収されてしまいました。
公威はこんなときでも、決して反抗はいたさず、だまって素直に従ってくれて、かえって可哀想になりました。

初等科時代、公威は肺門淋巴腺(りんぱせん)にかかりました。この病気は身体がとてもだるくなるものですから、
教室では姿勢も悪く、先生には叱られ通しだったようです。しかも自分のうしろの席には級中きっての悪童が
ひかえていて、その煽動でのべつ幕無しに二人でいたずらをするので、二人とも教壇の前に立たされ、おでこと
おでこを鉢合せさせられるという、そうとう重い体罰をいくどか受けました。
平岡倭文重

平岡梓「伜・三島由紀夫」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/14(金) 12:20:14
中等科では剣道や乗馬は正課でしたが、公威は両方とも好きで、特に剣道を大変好みました。寒稽古のときは
五時ごろ自分で飛び起きて、嬉々として出かけて参りまして、稽古の後学校が出してくれる味噌汁がうまくて
うまくてたまらない、お母様にも一度飲ませたいと私に何度も報告しておりました。
平岡倭文重

平岡梓「伜・三島由紀夫」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/14(金) 12:42:00
公威は五歳のときのお正月に、はじめて自家中毒という病気にかかり、もう駄目だという危篤の状態になりました。
親戚も多数集まりました。私はお棺に入れてやる着物や玩具を持って来てソッと裾のところに取揃えました。
そこへちょうど千葉医大の部長をしておりました私の兄が来てくれまして、しばらく見守っておりましたが
「あっ、小便が出た、助かるかも知らんぜ」と申し、それから間もなくまた大量のお小水が出ましたら、兄は
「もう大丈夫」と大声で言いました。ああこの時のうれしさ、まるで夢のような心地とはこのことを申すので
ございましょう。

平岡倭文重

平岡梓「伜・三島由紀夫」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/17(月) 14:19:26
公威は幼少のころから日本古来のしきたり、行事というようなものがとても好きで、またこれらを大事にいたしました。
母の躾けのせいもありましたろうが、神社の前などに参りますと、どんな小さな祠でも何びとの指図も受けず、
自らすすんで必ず丁寧に参拝し、お辞儀をしないで通りすぎるというようなことはありませんでした。
これは子供の時代ばかりでなく、ずっと大人になってからも続きました。毎年の豆撒きの時など、先頭に立ち、
孫達はすぐ飽きてしまって逃げ出すのですが、公威は一人になっても物凄い大きな声で、「鬼は外、福は内」と
どなりながら豆を撒き、それから家族中に各自の年より一つ多い数の豆をひろわせて十円玉と一緒に包ませ、
自分みずから近所の四つ角まで持って参り、帰りには掟な従い決して振り返らないという調子で、これには
親の私もついていけなかったものです。この念には念の入った信心振りは死ぬまでやめませんでした。
平岡倭文重

平岡梓「伜・三島由紀夫」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/17(月) 14:23:29
二十年三月の大空襲のとき、公威は学徒動員で座間の海軍の工場に泊り込みで参っておりましたが、いそいで
帰宅して来ました。向うから眺めると、東京の空が真赤に染まっており、これでは東京は必ず全滅してしまって
いると思い、ずいぶん無理をして、やっと駆けつけて来たとのことでした。家族一同で無事を喜び合い、公威は
今後の打合わせをしたり何くれと手伝いをしてまた座間に戻って行きました。ただこれだけの話ですが、公威が
防空壕の入口のところで私が頸に巻きつけていたショールをとって巻き直してくれたり、そして何だか忘れましたが、
小さいものの包みを差出して、お母さま、これをあげましょう、と言ってくれたことを覚えています。多分
ビスケットともおせんべいともつかぬ変てこなものだったと思います。空襲が終ると、「みんな頑張ってよ」と
手を振りながらまた戻って行ったのでしたが、そのうしろ姿を、私は、なんでこんなにまで私に親孝行して
くれるのだろうと、ありがたくてありがたくて、涙ながらにしばらくたたずんで見送った記憶があります。
平岡倭文重

平岡梓「伜・三島由紀夫」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/17(月) 14:29:22
また工廠には台湾人の少年が大勢働かされていて、自分はその世話をする係だが、例外なしにみんな実に
かわいい子ばかりで、自分にもなついてくれたけど、食べ盛りの彼らのこととてたいてい栄養失調で、ことに
脂肪に飢えていて、僕らだったら腹をこわすようなものでも、油と名のつくようなものならどんなものでも
飛びついて舐め、しかもその後もケロリとしているのには、かわいそうにも思い感心もした、といっておりました。
一方、上官たちの部屋を覗くと、相当の御馳走が十分食卓に並べてあって、上官たちはこれを談笑しながら
食べていたそうです。彼らと台湾少年とを想いくらべると、義憤というか悲憤というか、上官たちの部屋に行き、
「貴様らそれでも人間か」とどなりつけたい衝動に駈られたと、相当興奮した口調で話をしておりました。
平岡倭文重

平岡梓「伜・三島由紀夫」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/17(月) 14:38:22
終戦前のことですが、荷物の疎開でズック袋やトランクをいくつも荷造りしましたが、そのときも公威は、
荷造りの手伝いをしたり、それぞれの荷物の中身を克明に手帳に記入してくれたり、自動車で運びにくい品物は
大八車を借りて来て弟妹と三人で運んでくれました。その途中で警報が鳴り、急いで物陰に身をひそめはしたものの、
後で悪路のために思うように車が進まないで、苦心を重ねて真暗になってからやっと弟妹と三人で帰宅して参りました。
また主人と一緒にお薯(いも)や野菜を仕入れに埼玉方面まで参り、帰途はその運送人にさせられたり、公威は
つねに先頭になっていやな仕事を引き受けて、ずいぶんこの弱い私を助けはげまし、一家の心の支柱となって
くれました。

中等科の終りごろから学校の軍事訓練がだんだんさかんになり、富士の裾野を重い背嚢(はいのう)と銃を
かついで一晩中行軍させられ、落伍者も出るくらいでしたが、ふだん弱い弱いと言われていた公威は落伍もせず、
教官に、精神力が強い根性がある、と賞められたと自慢しておりました。
平岡倭文重

平岡梓「伜・三島由紀夫」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/22(土) 22:11:03
…それから数日後、東京本社から取材命令が電報(パソコンもファックスもない時代だった)で来た。
(中略)(三島由紀夫が)ノーベル賞文学賞を取るかもしれない。直ちに会って、受賞に備えた予定談話を送れ。
日本人が初めてノーベル賞を取れば大ニュースである。栄えの受賞者の「喜びの声」は一刻を争う。事前にそれを
取材しておけというのだった。(中略)
「きょうはノーベル賞の予定談話を取りに来たんですよ」
「いや、それは勘弁して下さい。さっきも××新聞の何とかいう記者が来たが……」(中略)
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/01/22(土) 22:12:15
一年前にも、三島さんはノーベル文学賞の候補者だと報じられていた。(中略)家族同様に付き合っている編集者に
頼まれれば無下に断るわけにはいかないし、出版社には義理がある。そういうわけで三島さんは予定談話を
喋ってしまった。
その年の文学賞は他の人に行った。請われて語ったとはいえ、三島さんは己れの軽率を恥じたらしい。少なくとも
非常にバツの悪い思いをした。二度と同じ過ちをしたくなかったが、日本にいればジャーナリズムは再び襲ってくる。
さいわいインド政府から招待があった。だが、旅行が終わっても、文学賞の発表までにはまだ間がある。
いま帰れば、羽田で記者や編集者に取り巻かれる。というわけで、しばらくバンコクに滞留することにした。

徳岡孝夫「五衰の人」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/02/07(月) 17:05:07
「そうそうワタシあの人に一度しかられたことあるんですよ。ワタシ、あの人のことを
『三島サンは首から下は北海の荒海の漁師だけれど、首から上は明治美人だ』
と言いました。そしたらあの人ワタシに言いましたネー。
『それはボクの顔が馬ヅラだと言ってるんでしょう(笑)明治美人というのは面長のことをいうんだから』

ワタシみたいなモンにでも気軽に話しかけてくださる。自由に冗談を言いあえる。数少ないホンモノの人間ですネー。
お若いといっても三島サンももうおトシです。ボデービルもいいんですけど文学に本腰を入れてほしいですネー。
そして、もっともっとよいホンをいっぱい書いてほしいですネー。あの人の持っている赤ちゃん精神。これが
多くの人たちに三島さんが愛される最大の理由でしょうネー。」

淀川長治「『平凡パンチ』インタビュー記事」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/04/18(月) 11:05:51.70
交戦中に殺された男の最後の記録を読んではじめて、戦争というものが本当にどんなものかわかりはじめた。
…日本軍の兵士たちの耐えた困苦のほどは圧倒的な感動をよびおこした。
それに引きかえ、週に一度検閲しなければならないアメリカ軍の兵士たちの手紙には、何の理想もなく、また
たしかに何の苦しみもなく、ただただもとの生活に戻りたいということだけが書かれていた。戦争中ずっと
この対照が私の心につきまとってはなれなかった。

ドナルド・キーン「日本との出会い」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/04/18(月) 11:07:43.68
そうです。ぼくは、非常に近い距離からアメリカの軍隊を見ていました。
しかし、理想をいだいて戦っているような米兵には、ただの一度もお目にかかったことがありませんでした。
それは確実に言えることです。「もっといい世界のために、自分は戦死してもいい」などという文句は、
アメリカの兵士の手紙の中には、こんりんざいなかったのですから。
日本の兵士は、家族に送る手紙の中ででも、「滅私奉公」とか「悠久の大義」などという言葉を使っていました。
ぼくは、日本の軍国主義者の理想を受け入れることは絶対にできなかったが、このような手紙を書き、日記を
つけた個々の日本兵士には、敬意をいだかずにはいられませんでした。
結局、日本人こそ勝利に値するのではないかと信ずるにいたった。

ドナルド・キーン「日本との出会い」より
名無しさん@そうだ選挙にいこう [] 2011/06/01(水) 16:43:02.81
てすと
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/06/12(日) 15:40:41.13
フジTVで放送された被災犬の行方を検証するスレ
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/dog/1307535741/
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/06/14(火) 21:21:21.18
やっとユキチカのアップデート始まったのか
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/07/14(木) 13:18:43.44
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/08/27(土) 11:51:25.91
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/09/26(月) 11:11:36.35
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/09/29(木) 06:04:21.48
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/11/13(日) 20:05:23.50
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/12/05(月) 20:36:25.35
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2011/12/26(月) 14:59:28.02
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2012/01/23(月) 16:14:21.01
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2012/03/23(金) 23:28:09.59
名無しさん@そうだ選挙にいこう [] 2012/05/03(木) 20:39:12.86
■Wikipedia「日本海呼称問題」より

2007年には朝日新聞が大英博物館のスポンサーになり、日本の展示コーナーでの
地図において"Sea of Japan"という表記を消去させた上に、韓国の展示コーナーでは
"East Sea"と表記させているという事態が発覚した。

この問題に対して朝日新聞の一記者は個人的な意見として「日本が韓国の主張(東海)に
耳を貸さないのは、着実な経済成長を続ける韓国に日本が嫉妬しているから」とコメントした。


朝日新聞は反日新聞です
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2012/08/17(金) 15:34:15.52
名無しさん@そうだ選挙にいこう [] 2012/08/24(金) 21:46:54.29
tesu
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2012/10/17(水) 10:12:19.28
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2013/02/19(火) 23:00:22.08
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2013/09/08(日) 15:59:02.84
]
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2014/03/06(木) 19:11:25.60
ソチ五輪特番で「日本沈没」の主題曲を流したNHKのセンス
ttp://http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140306/ent14030615380003-n1.htm
名無しさん@そうだ選挙にいこう [] 2015/12/12(土) 03:15:09.67
ttp://tamae.2ch.net/test/read.cgi/nntp/1309086310/238
        ↑ ↑  ↑ ↑  ↑ ↑ 
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:24:31.34
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:24:37.14
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:24:53.68
曽井のそとはWham!縄まさはに湯
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:25:09.72
あやかやはゆらほこ)こしてそよのよのめのほにつ
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:25:38.11
こりやへそてーにたとのとのて)ほ(ゆののつつそにめ槍の子つてこ。のこにめやこ(めろりむのこしめのきて、のきえこるひ
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:25:47.05
木野のルルむおやそんのねりめぬのぬの
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:26:03.35
たみ)ほふるののゆり)のふしつのぬにめー、れのこれ(ちらやなやまにゆにやまかゆならわまたいきにあかや
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:26:19.63
あなやひににとやなゆなまぬなま(めろやな、まなはまぬそまつはのやにも、はたわやかたはかいまらかやまほ
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:26:37.67
あねなこほもなほねこつそえらよよはななちたなりめたやわはわりたらのは(びつのわまーにv5tたるなまあや(えはやまなほ
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:26:55.97
やとてゆね(なこたまなほゆなやまなゃなれ(め(ゆのちよちやなめふにわいほめまるまや)(やわのまにたてたなやなさやねほゆこみにわやなめさやかめやひよ、
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:27:13.14
お)なまねと(ーねなとなたこなとねゆは、わなをめやぬな。たやちなのぬとのぬあなゆこはたらたゆたわなたわらなやなやわはやわ
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:27:31.03
なみなは(けらねまよまえらなあねあさえのやきはかたはまこやへなまとやめなはましにたねよゆをまね(ー多呂魔と夜のやほわやなり)ほやわ
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:27:46.96
こももよももそもそむちgjgqgMD水速に味矢田や阿多なや他や安波にをたやとたらなやいやなやからたわな
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:28:03.28
かやぬたわなをには、はたわだたをまわにたわかやにちな(たわにをたやなたやか(たたわたきわたよたわなわな。たまわかに、や、かたよた)なたやかたやわあなにぬ、かたわたわ)やをかよに
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:28:21.87
わあなりた(わぬたるわたわなたわあわあわいまやなやなたやあなやたにをわたやなわたかはりもたかなはたとなこ)ろも、るにはほたなあ(やとやりらもわらやひとなおひよやらのやらおやわな
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:28:37.90
ななななななななななななななななななななななななななななつとの
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:29:08.59
58なあ田湯LaLaLaLaLaLaLaLaLaLaLaLaLaLaLaLaや斗と湯よ府
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:29:26.16
なはあやなまままままままままと)ふよねののちあなやなまからゎたきはやなかならやなさかあたやなは、?き
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:29:42.05
はあまなかまあむかたわらはまたなわらさたてなさかたやはかたまや、らまにあかさなかたゆかや
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:30:02.43
あかさはなたまやらわたにわあなをかぬらゆなわまならまたけはやたあはゃやかあまらさあわらはたまはかとやなはやまか、やなけはやわらなかとらしたまはかとやこ
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:30:18.31
なはかたまはまあやはわまやわらなちあはらわなはやわなたなわめかはわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわ
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:30:34.08
たはなたわさはまはまはらやあはたりあたりやまゃわたは、さはわさならかにたは、ゃまやつからなたなはあらはかりやたなひぬへるね
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:31:20.92
まかさやめこあつまりはかたなゆなをはかあはさたやたにかなかりちこたわならたならなたやからさかあまあかたやからたまらたわまらかろまらかやらさほなやはかやなやなわたわなわもわならな、ならさかやあなあやたらきゆなりたわかをわなをな。やとたなわおやえ、
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:31:37.12
過は僉山なやわ矢田かはわ魔なら魔や袴ユアは綿過や?サマワらち
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:31:53.91
おるの)るら子無理鉄も過よねそと湯ほぬそねなこりねのゆそねにおく
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:32:03.36
あまなたかやわさなまゆされまたからやひまあきた
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:32:21.76
こ?そ(むろほのめなこねんらひのひよそまらたひつまんねたのまこまなゆなのまきらなめなたこてひ
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:32:44.26
ありねなにならのなよてのほ(やりあへこひとのなほばかじゃねかもなぬなになはののやぬて
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:33:08.14
のののかのとのにとよ(わのきひこあぉおしとよほーろのあきたおにめの)(まにならたたこなほことろもてのほゆおの
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:33:38.95
とちそさはとなよまなあきたとほーのーのらぬゆやてろめりえしいかおねほよりーなにてほたへねせここてきつまんなえにかたほねかけさあか(のてにとやのねしわこころ
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:34:12.40
そなあああああああああ
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:34:43.24
なややややややややややややややややややややややややややややややややややややややややややややややややや
ららららららららららららららららららららららららららららららららららららららららやややややややややややややややや
ややややややややややややややややややややややややややややややややややたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:35:01.53
くこけ?🙋
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:35:17.98
須子すこ、😂
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:35:33.68
とうふさん、すこだ…w
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:35:54.96
すこれ😡
すこらないとしぬ🙆
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/02(火) 17:38:01.22
すこれ😡
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/05(金) 03:16:46.46
おうち(*^O^*)
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/05(金) 03:17:23.72
なんJから来たんご\(^-^)/
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/05(金) 03:17:50.57
(@_@;)
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/05(金) 03:17:57.46
ンゴゴゴゴゴゴゴ("⌒∇⌒")
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/05(金) 03:18:18.73
(^-^)(;_;)(*^O^*)\(^-^)/
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/05(金) 03:18:29.63
すこなんだ(o≧▽゜)o
名無しさん@そうだ選挙にいこう [sage] 2017/05/05(金) 03:19:02.60
ファーwwwwwwwwwwwww(ノ´∀`*)(ノ´∀`*)(ノ´∀`*)(ノ´∀`*)(ノ´∀`*)

勢い5万以上のスレをメールでお知らせするサービス、実施中!!
憧れボディをGETしたい!その夢、ボニックで!

2ch勢いランキング 全部 1- 最新50 メルマガ板ランキング

凡例:

レス番

100 (赤) → 2つ以上レスが付いている
100 (紫) → 1つ以上レスが付いている

名前

名無しさん (青) → sage のレス
名無しさん (緑) → age のレス

ID

ID:xxxxxxx (赤) → 発言が3つ以上のID
ID:xxxxxxx (青) → 発言が2つ以上のID

このページは2ch勢いランキングが作成したキャッシュです。元のページはこちら。削除についてはこちら