2ch勢いランキング 全部 1- 最新50

【殉愛】たかじんさくら【百田】テンプレ15


Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 19:26:09.230
本スレである、「【金スマ・殉愛】たかじん嫁さくら【百田尚樹】」スレッドから
記録すべき情報をまとめとして集積するスレです。

どんどん情報を更新して、新陳代謝の良い保存倉庫としての
役割を果たすスレにすることを望みます。
また、情報倉庫という性質上、雑談はご遠慮願います。

前スレ
【殉愛】たかじんさくら【百田】テンプレ14
ttp://mao.5ch.net/test/read.cgi/wom/1510024547/

医療情報はこちら
【金スマ殉愛】たかじん嫁さくら【百田】医療情報2 [転載禁止](c)2ch.net
ttp://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1418191091/
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 20:35:08.680
119可愛い奥様2018/03/02(金) 09:35:35.38ID:1UrAjy//0
Akiraさんのツイより いつもありがとうございます
【閲覧報告】
「証人尋問(2018年1月10日)」@
反対尋問〜再主尋問〜補充尋問

証人尋問調書 反対尋問45分
原告代理人「『殉愛』という本なんですけれども、先ほど喜田村先生の質問にもありましたが、主
に隆仁さんの闘病生活について、あなたが体験したことを百田さんに話して、百田さんが取材して
書籍にまとめたということで間違いないですよね」
証人「はい」
原「ですから、この本の内容は、主にあなたの話をもとに組み立てられていると言っていいですよね。」
証「はい」
原「 あなたは、この本の百田さんの取材、執筆活動の中において、百田さんに嘘をついたり、事実
とは違うことを言ったりというのはないですか。」
証「はい」
原「『殉愛』という作品なんですが、ノンフィクションということで出版されています。今、お話
していただいたことを前提にすると、ここに書いてあることは全て事実であるという御認識でいい
ですか。」
証「はい。」
原「Kさんとの関係なんですけれども、隆仁さんのマネージャーをやっていたKさんなんですけれど
も、あなたはKさんとは、相互に信頼しあって、うまく人間関係を築くという感じではなかったん
ですよね。」
証「私は努力しました。」
原「結果はどうですか。うまく人間関係を築けましたか。」
証「私の方から努力したのは事実です。」
原「結果はどうですか。」
証「続けたんですが、関係が築けたかと言われたら、分かりません。」
原「あなたKさんに対して、いい印象というのは持っていましたか。」
証「特にいいとか、特に悪いというのはなかったです。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 20:36:32.000
続き
原「あなた最初、初対面のとき、挨拶もろくにせずにとおっしゃってましたね。何も感じなかった
んですか。」
証「不思議でした。」
原「この人、嫌な感じだなとか、そういったのは全く思わなかった。」
証「不思議な感じでした。」

120可愛い奥様2018/03/02(金) 09:40:26.93ID:1UrAjy//0
続き
原「『殉愛』を読んでると、あなたとKさんの間では、相互に非常に悪い印象を持って、憎しみさ
え感じているというような、そういった印象、そういうふうに読めるんですけれども、それは間違
ってないですか。」
証「そう読めるというのは…。」
原「あなたの印象はどうでしょうか。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 20:40:29.760
121可愛い奥様2018/03/02(金) 09:42:06.67ID:1UrAjy//0
>> 120続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」A
証「先ほど言ったように、私から特には、Kさんにいいとか悪いとかはなかったです。」
原「あなたと隆仁さんが出会ったのは、2011年の年末でしたね。」
証「はい。」
原「この頃、あなたは、イタリア人の男性と結婚されてましたね。」
証「はい。」
原「まだ離婚の手続きは終わってないですよね。」
証「はい。」
原「あなたの離婚の成立はいつですか。」
証「3月です。」
原「その翌年、2012年3月1日でよろしいですか。」
証「はい。」
原「『殉愛』という本の39ページなんですけれども、ここに、2011年12月30日の会話として、あな
たと隆仁さんの会話が載っています。イタリアには、恋人じゃないが、親しい男性がいるようなこ
と、それと、あなたのお父さん、父は、親しいイタリア人の男性と結婚したらいいよと言いました
とあります。その次のページには、いずれはイタリア人と結婚することになるだろうという思いは
あったいうふうに書いています。でも、このとき、もう結婚してたんですよね。」
証「はい。」
原「ということは、『殉愛』の内容というのは、今の話と矛盾しますよね。」
証「いいえ、その箇所だけをとれば、そういうふうに思われるかもしれないですけど、会話の前後
もありますし、そこだけの話ではない。」
原「あなたは、12月30日に、いずれはイタリア人のこの男性と結婚することになるだろうという思
いはあったというふうに述べてますね。」
証「そうですね。もし、そのときに結婚してた人と離婚をして、その人っていうこともあったかも
しれないです。」
原「『殉愛』を読むと、あなたは隆仁さんと出会った頃は、未婚の状態、結婚してない状態のよう
に見えるんですけど、そうしたら、それはあなたの意図とは違うわけですね。」
証「はい。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 20:42:40.370
続き
原「こういうことを全部、あなたは百田さんにおっしゃいましたか。」
証「言いました。」
原「でも、百田さんは、こういう書き方をされたということですね。」
証「そこの会話を全ては書いてはないと思います。」
原「全ては書かなかったということですね。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 20:44:09.670
122可愛い奥様2018/03/02(金) 09:47:20.58ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」B
証「はい。」
原「『殉愛』の363ページに、2013年12月25日の夕方、隆仁さんとあなたとの会話が書かれていま
す。後ろのほうです、後ろ13行から言います。さくらには生活できるものは残さなあかんと、隆仁
さんはおっしゃいました。あなたは、何も要らないよ、残さなくていいとおっしゃいました。隆仁
さんは、それはあかんと。あなたはでも、お金なんて要らないと。隆仁さんは、ほんならお金は寄
附してええか。あなたは、いいよ、ハニーが稼いできたお金だもんと言ってます。隆仁さんは、こ
の時点で、あなたに生活できるものは残すべきというふうに考えていたということですよね。」
証「はい。」
原「隆仁さんが亡くなってから、当時、遺言作成に携わって、遺言の執行者にもなっておられた
吉村弁護士が、隆仁さんの娘さんの遺留分減殺請求をしないかわりに、1億円で話をつけないかと
交渉していたことはありましたよね。」
証「はい。」
原「その頃、あなたは吉村弁護士に、隆仁さんとあなたの間には業務委託契約があって、隆仁さん
の金庫にあった1億8000万円はその報酬であって、あなたのものであるというふうなことを言ってま
すよね。」
証「はい。」
原「この業務委託契約、隆仁さんと、いつ締結しましたか。」
証「出会ってすぐの頃です。」
原「2011年の年末もしくは2012年の年明け早々ということですか。」
証「はい。」
原「あなたと隆仁さんと出会って、亡くなるまでの約2年間、その間に、1億8000万円の報酬を隆仁
さんから得たということですね。」
証「そうですね、はい。」
原「2年間で1億8000万円、1年で9000万円、1ヶ月でいうと750万円を、隆仁さんからもらう契約が
あったということですね。」
証「はい。」
原「これをあなたは、現金で隆仁さんの自宅の金庫の中に保管していたということですか。」
証「私がではなくて、主人が管理してくれてました。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 20:45:09.400
123可愛い奥様2018/03/02(金) 09:51:08.53ID:1UrAjy//0
続き
原「そのお金は私のものですということを、あなたは吉村弁護士に説明したわけですね。」
証「私のものですかっていうふうに伺いました。業務委託契約書も吉村先生に見せましたし、弁護
士の先生でしたので相談しました。」
原「隆仁さんは、この金庫の中に実印とか、そういった大事なものを入れていましたよね。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 20:46:33.530
130可愛い奥様2018/03/02(金) 10:22:35.42ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」C
証「はい。」
原「先ほどの業務委託契約書なんですけれども、吉村弁護士は、業務委託があったことと、金庫の
中の1億8000万円は自分のものじゃないかというお話をしたとき、どういう対応をしたか覚えてますか。」
証「自分の中では、さわらないほうがいいとか、自分が執行人になりますのでっていうことでした。」
原「吉村弁護士が、あなたから申立てをされた遺言執行者解任申立の陳述書の中で、あなたが業務
委託契約の話をして、1億8000万円は私のものだというような話をしたときに、そのようなことは、
あなたの将来を考えても、絶対にしてはいけないと強く説得したというふうに書いてますけれども
、2014年1月23日のことです。これは記憶ありますか。」
証「はい。」
原「2013年12月25日の時点で、隆仁さんは、さくらには生活できるものは残さなあかんというふう
に言ってました。すなわち、あなたには、生活できるものがなかったことが前提だと思うんですけ
れども、あなたの今おっしゃったことは、あなたは既に隆仁さんから1億8000万円もらっていた、
もしくは、もらうことになっていたということにはなりますよね。」
証「はい。」
原「あなたは、この業務委託契約書の存在及びその金額について、『殉愛』の取材のときに、百田
さんにきちっとお話しされましたか。」
証「詳しく細かい金額をということですか。」
原「業務委託契約の存在については、まずお話しされましたか。」
証「そこは記憶がないです。」
原「ということは、金額、期間、締結日、といったものも、お話しされた記憶はないということですか。」
証「はい。」
原「当然ながら、百田さんはこういう、あなたと隆仁さんとの業務委託契約の存在について、『殉
愛』の中では一切ふれてませんよね。」
証「はい。」
原「甲9号証で出してるんですけれども、隆仁さんの遺言には、母校の桃山学院高校に1億円遺贈す
るとありますよね。」
証「はい。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 20:47:31.060
132可愛い奥様2018/03/02(金) 10:28:01.95ID:1UrAjy//0
続き
原「あなたは桃山学院高校に、1億円の遺贈を放棄してもらえないかというようなお話をされに行
ったことがありますよね。」
証「私からそういうことをしに行ったことはありません。吉村さんのほうから温井さんのほうに連
絡して、お会いするということはありましたが、私から放棄は迫ってません。」
原「そうしたら、言い方を変えましょう。あなたと桃山学院高校の間で、遺贈の放棄のことについ
て話し
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 20:49:29.270
135可愛い奥様2018/03/02(金) 10:56:21.68ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」D
合いをしたということはありますよね。
証「ですから、私のほうから、遺贈を放棄してほしいということはありません。」
原「あなたが要求したかどうかは別にします。あなたと桃山学院高校の間で、遺贈の放棄のお話合
いをされたことはありますね。」
証「温井さんのほうから、そういう提案があったことはあります。」
原「どちらのほうからとは聞いてません。話し合いをされたことはありますね。」
証「…。」
裁判長「あちらからの提案を受けて、あなたが話し合いをされたということはあったんですか。」
証「話し合いというよりは聞いたということです。」
原「この辺りのことは、『殉愛の真実』という、書証にも出してますけど、231ページから、この
辺のくだりが詳しく書かれてるんですけれども、あなたは桃山学院高校の温井校長に、遺贈の放棄
の話し合いをしたときに、隆仁さんが温井校長に宛てて書いたとされるメモを持参されましたよね。」
証「はい。」
原「このメモは、どんなことが書いてあったか覚えていますか。」
証「主人から温井さんに対する内容ですから、私は、見せてほしいかということと、これは温井さ
ん宛てかという確認で持っていきました。」
原「そういうことを聞いてるんじゃなくて、どういう内容か覚えてらっしゃいますか。」
証「はい。」
原「先ほどの『殉愛の真実』という本の236ページに、温井先生に宛てたメモの写しが載っていま
す。そこには、3行目に、桃山に寄附窓口になってもらい、さくらの生活にかかってきそうなら戻し
てやってほしいと書かれていましたよね。」
証「はい。」
原「それと、隠し持つことも考えたが、税務署入って大騒ぎになると困るんでとも書かれてましたよね。」
証「はい。」
原「あたかもこれ、相続税の脱税を図ってたような書き方、そういった内容にも読めるんですけど
、隆仁さんはあなたに対して、確かに、ほんならお金は寄附してええかと聞いて、あなたは、いい
よ、ハニーが稼いできたお金だもんと言った、そういうやり取りは確かにあったわけですよね。」
証「はい。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 20:50:19.740
136可愛い奥様2018/03/02(金) 11:00:33.22ID:1UrAjy//0
続き
原「温井校長は、236ページにあるこのメモは、こんなの隆仁さんが書いたものじゃないと言って
いて、偽造の疑いまで相談されていたということは御存じですよね。」
証「私の目の前では、温井さんは泣いて喜ばれてたので、そう思ってたのは、その本が出てきたと
きに知りました。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 20:52:22.560
139可愛い奥様2018/03/02(金) 11:28:43.26ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」E
原「その後、そういった指摘を温井校長がされてるということは御存じですよね。」
証「はい。」
原「隆仁さんはこの遺言で、甲9号証に載ってるんですけど、大阪あかるクラブという団体に2億円
を遺贈するとありますよね。」
証「はい。」
原「あなたは、大阪あかるクラブに対して、遺贈の放棄の可能性について、話し合う場がありまし
たよね。」
証「話し合う、はい。」
原「この話し合いが持たれたのは、2014年9月11日ですね。」
証「はい。」
原「この大阪あかるクラブとの話し合いの場に、あなたが一緒に連れていった人の名前を挙げてく
ださい。」
証「何回も話し合いがあったので、その日が誰っていうのは覚えてないんですけど。」
原「その話し合いの場に、読売テレビの「たかじんのそこまで言って委員会」という番組の制作会
社である株式会社AZITOの社長、井関さんが一緒に行ったことがありますよね。」
証「はい。」
原「それと、『殉愛』の著者の百田尚樹さんも一緒に行ったことありますよね。」
証「はい。」
原「この辺りのことも、『殉愛の真実』の239ページのところから詳しく書かれてるんですけれども
、もしこれらの遺贈の放棄がされたとしたら、これらのお金というのは、誰のもとに入ることにな
っていましたか。」
証「私のところにというよりかは、戻るって聞いていました。」
原「遺言書の第1条5項に、万一遺贈が放棄された場合には、妻・家鋪さくらに相続させると書いて
ますよね。」
証「はい。」
原「あなたは隆仁さんに、何も要らないよ、残さなくてもいいと、お金なんか要らないと、寄附し
てもいいというふうに、言ってましたよね。」
証「はい。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 20:59:29.300
続き
原「原告準備書面1添付の別紙を示す。
先ほど、井関さんのお名前が出てきましたので、テレビ関係の方について聞きますね、今回問題と
なっている、準備書面1の別紙で、今回の名誉棄損、プライバシー侵害の該当箇所の別紙を付けて
るんで、そこの番号も言いますけれども、4番の該当箇所の直後に、『殉愛』の168ページに、相原
さんという方の名前が出てきますよね。」
証「はい。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:01:01.910
141可愛い奥様2018/03/02(金) 11:53:04.40ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」F
原「相島さんというのは、読売テレビの「たかじんのそこまで言って委員会」のプロデューサーさんですよね。」
証「はい。」
原「相島さんは、いつからこの番組のプロデューサーになったかというのは御存じですか。」
証「詳しくは分からない。」
原「次に、徳岡さんという方も出てきます。この方は、テレビ大阪の「たかじんNOマネー」のプロ
デューサーですよね。」
証「はい。」
原「中澤さん、この方は、関西テレビの「たかじん胸いっぱい」のプロデューサーですよね。」
証「はい。」
原「あなたは、隆仁さんが亡くなられたあと、自ら「Office TAKAJIN」という会社を設立して、
隆仁さんの肖像権等を扱う会社を運営されてますよね。」
証「はい。」
原「隆仁さんが亡くなったあとも、今言ったような、これらの隆仁さんの看板番組というのは続い
ていたわけですよね。」
証「はい。」
原「言ってみれば、これらプロデューサーの方たちとあなたはビジネスパートナーというような関
係ですよね。」
証「はい。」
原「『殉愛』が執筆されていた頃、2014年の春から秋にかけて、これらの看板番組というのは、
まだ続いていましたよね。」
証「はい。」
原「今回の指摘事項の5番のところ、『殉愛』の221ページなんですけれども、ここに日置さんとい
う方の名前があります。この方は、関西テレビの「たかじんの胸いっぱい」という番組の制作会社
レジスタ・エックスワンという会社の取締役ですよね。」
証「はい。」
原「この方とも、言ってみれば「Office TAKAJIN」の社長であるあなたとは、ビジネスパートナー
という形の関係にありますよね。」
証「はい。」
Ms.名無しさん [] 2018/03/02(金) 21:02:32.460
続き
原「今回の指摘事項7番、239ページ初め、『殉愛』の至るところで、相原さんという方の名前が出
てきます。この相原さんという方は、「たかじんのそこまで言って委員会」と「たかじんNOマネ
ー」という番組の制作会社である株式会社ボーイズの社長さんですよね。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:04:27.330
143可愛い奥様2018/03/02(金) 12:20:14.02ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」G
証「はい。」
原「あなたは、隆仁さんが亡くなったあと、2014年1月29日に、吉村弁護士を自宅に呼んで、遺言
執行者であった吉村弁護士に対して、遺言執行者を降りてくれという要求されましたよね。」
証「はい。」
原「その席に、相原さんも一緒にいましたよね。」
証「はい。」
原「隆仁さんが亡くなったあと、当初は、あなたは隆仁さんの跡を継いで、PISの社長になろうと
思いましたよね。」
証「はい。」
原「2014年1月7日に、隆仁さんが亡くなったことを公に発表したあと、マスコミ各社に対して、
あなたがPISの代表になりますということをファクスで送っていますよね。」
証「はい。」
原「この辺りのことというのは、『殉愛の真実』という本の104ページにも詳しく書かれてるん
ですけれども、結局、あなたはPISの社長にはならなかったんですよね。」
証「はい。」
原「それは、隆仁さんの持っていたPISの株式数が、思ったよりも少なかったからということが
原因ですよね。」
証「はい。」
原「そうなると、もともとPISにいたKさんは、あなたにとって邪魔な存在になりますよね。」
証「私にとってではなくて、質問だったので、はいと答えましたけれども、もともとPISの社長に
なるのがいいんではないかっていうのは、吉村弁護士からの指示だったし…。」
原「誰の指示かはいいとして、あなたがPISの社長になろうと思っていた。でPISの社長になったあ
と、Kさんとうまいことやっていける自信はありましたか。」
証「私がうまくやっていくというよりかは、吉村さんが間に入って…。」
原「そういう質問をしてるんじゃない。あなたはPISの社長になったとき、Kさんとうまくやってい
く自信はありましたか。」
証「いえ、Kさんは年末の時点で、師匠が死ねばPISを辞めるとおっしゃっていましたし、1月3日に
怒鳴られてましたし。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:06:43.950
続き
原「そしたら、あなたは、PISの社長になるときは、Kさんがいないというのを前提にされてたわけですね。」
証「吉村弁護士が、怒鳴られたっていう経緯も知っていましたし、年末に私がKさんに直接喋った
ときに、師匠が死ねば、自分はPISにはいないっていうことはおっしゃっていましたので、どうされたら
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:08:18.730
147可愛い奥様2018/03/02(金) 12:48:34.97ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」H
いいでしょうかっていうことを吉村先生に聞きましたら、間に入ってPISの顧問弁護士でしたので、
Kさんに対しては、退職金を支払うという形で、辞めてもらうのが一番じゃないかということで、
ファクスの内容も、吉村弁護士のほうで作っていただきました。」
原「退職金の話をしてましたけど、当時PISには退職金規程なんかないですよね。それは御存じないですか。」
証「それも吉村先生にお任せしてました。」
原「御存じなかったということですね。」
証「はい。」
原「あなたがPISの決算書類を最初に見たのは、いつですか。」
証「吉村先生がPIS社から持ってきてからです。」
原「それは、1月7日に吉村弁護士が会社の帳簿と関係書類を没収したと。帳簿を調べたところ、か
なり帳簿をいじっていることが判明したというふうに『殉愛』に書いてます。このことですか。」
証「はい。」
原「あなたは、隆仁さんから相続するPISの持ち株数では自分が社長になれないことが分かって、
「Office TAKAJIN」を設立したということですよね。」
証「はい。」
原「「Office TAKAJIN」で、テレビ局から番組の冠料を受領していたということですよね。」
証「はい。」
原「乙4号証で、解任通知書が書証で出ています。日付は平成25年12月1日です。『殉愛』では、
11月29日の本件で11番、『殉愛』341ページのところですけれども、そこに記載されているような
出来事、つまり、Kさんのメール誤送信を見て、隆仁さんがKさんを首にすると言って、『殉愛』
の344ページに書いてますけれども、12月1日に隆仁さんが、友人の会社経営者に電話して、解任
通知書の作成を依頼したとありますよね。」
証「はい。」
原「この会社経営者って、どなたですか。」
証「私は、はっきりは聞いてません。」
原「御存じない。」
証「はい。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:11:39.050
続き
原「でも、あなたが、会社経営者に電話して解任通知書を作ってもらったんですよと、百田さんに
お話ししたんですよね。」
証「はい。」
原「隆仁さんからは、どなたかというのは全然聞いてないですか。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:12:48.850
152可愛い奥様2018/03/02(金) 13:18:24.11ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」10
証「主人には、そういう友人がたくさんいましたから、どの人に頼んだかは聞いてなかったですけ
ど、きちんとちゃんと用意してもらうねんということは聞いていました。」
原「東京の人か大阪の人かも御存じないですか。」
証「はい。」
原「12月1日に、その会社経営者とやらに通知書作成を依頼して、その日のうちに隆仁さんが署名
押印されて、12月1日付の解任通知書になってますよね。」
証「はい。」
原「この日、東京にいた隆仁さんが、知人の会社経営者に解任通知書の作成を依頼して、その日の
うちに、ここまで準備できたということですか。」
証「そうは思わないです。例えば、いつ付でやってとか、そういうこともあったと思います。」
原「解任通知書、解任事由として、Kさんの使途不明金として、具体的な数字を挙げられてますよね。」
証「はい。」
原「会社の帳簿等関係書類を吉村弁護士が没収したというのは、隆仁さんが亡くなった後の、2014
年1月7日でしたよね。」
証「はい。」
原「本件の10番、『殉愛』の334ページのところなんですけれども、『殉愛』によると、先ほど出て
ましたけど、相原さんが、Kさんのお金のことについて疑念を持ってるということで、隆仁さんに、
会社の帳簿を調べたほうがいいと言ったのが、11月14日というふうになってます。『殉愛』の335
ページによると、その日から隆仁さんは、食事のあとによく吐くようになるなど調子が悪く、それ
から、11月24日聖路加国際病院で診てもらうために、また東京に移動されていますよね。」
証「はい。」
原「ということは、12月1日に解任通知書が作られたとなると、隆仁さんが調子が悪かった11月14日
から24日の10日間ほどの間に、隆仁さんは会社の帳簿を調べたということになるんでしょうか。」
証「主人自体が帳簿を調べることではなくて、当時のPISの税理士の方がお調べになって、御報告に
もいらっしゃいました。大阪のマンションに。」
原「それは、あなたは一緒にいたんですか。」
証「私もいました。Kさんも最初立ち会ってました。」
原「それは、11月の話ですか。」
証「11月末か12月頭だったと思います。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:13:46.490
153可愛い奥様2018/03/02(金) 13:22:05.51ID:1UrAjy//0
続き
原「もしそういうことがあって、Kさんの使途不明金が判明したんであれば重大なことですよね。
なぜ、その辺のことというのは、『殉愛』に書かれていないんでしょうかね。そのことは百田さん
にお話ししていない。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:14:33.340
156可愛い奥様2018/03/02(金) 13:49:59.96ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」11
証「いえ、伝えましたし、ほかの方からも、いろんな噂は聞いていましたので、解任通知書を作っ
たときだけが、彼を辞めさせるというときではなかったので、一番大きなのは最後の出来事でしたけども。」
原「じゃ、隆仁さんが税理士を使って帳簿を調べて、使途不明金が判明したということは、それは
11月末か12月頭には、隆仁さんは知ってたということですよね。」
証「はい。」
原「でも『殉愛』には書かれていない。」
証「はい。」
原「相原さんが、隆仁さんにPISのお金の話をして、師匠、会社の帳簿を調べたほうがいいですよと
言ったのは、ここに書いてましたけど、タレントのメッセンジャーの黒田さんと一緒に来た日で
間違いないですか。」
証「はい。」
原「この時期、隆仁さんが亡くなる一月、二月前です。隆仁さん、結構調子悪いときがありましたよね。」
証「はい。」
原「隆仁さんは、そんなにたくさん、自宅に人を呼ぶようなことというのはありましたか。」
証「たくさんではないですけども、その2ヶ月の間でも、調子がいいときと、よくないときの差は
すごくありました。」
原「黒田さんは何度も、隆仁さんの自宅に来るようなことはありましたか。」
証「私がお会いしたのは1回だけです。」
原「黒田さんは、隆仁さんが亡くなった翌週の「たかじんNOマネー緊急生放送お前らしめっぽく
なってどうすんねんSP」という生放送において、隆仁さんから呼ばれて行ったのは、2013年12月
半ばであったと言うてます。これ、ユーチューブでも見れるんですけど、ということは、黒田さん
が来られたのは、12月半ばじゃなかったんですか。覚えてないですか。」
証「御本人がおっしゃってるのが正しいのかどうかも分からないですし。」
原「先ほど、会社の帳簿や関係書類を2014年1月7日になって没収して、初めて使途不明金が判明し
たと、『殉愛』には書いてますよね。」
証「はい。」
原「でも、使途不明金が判明したのは、あなたのお話によると2013年11月末から12月頭ということ
になりますよね。」
証「はい。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:15:27.090
157可愛い奥様2018/03/02(金) 13:52:43.46ID:1UrAjy//0
続き
原「矛盾しますよね。隆仁さんが亡くなったあと、隆仁さんの実印というのは、当然あなたは持っていましたよね。」
証「実印、私が持っていたかっていうことですか。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:17:31.680
159可愛い奥様2018/03/02(金) 14:24:00.98ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」12
原「誰が管理した、自宅にあったわけですよね。」
証「吉村弁護士が、実印が必要だということで、年末には1回、金庫から持っていってます。」
原「隆仁さんの実印ですよ。」
証「そうです。遺言書を作るのに印鑑が要るということで、それも明記されてると思います。」
原「その後、返してもらってないんですか。」
証「その後、金庫に入れていて、そのままだと思う。私が持っていたわけではない。」
原「自宅の金庫に入ってますよね。」
証「はい。」
原「12月1日は 、隆仁さんは東京におられましたよね。」
証「はい。」
原「東京に行くとき、わざわざ実印を持っていってたとかいうことはありましたか。」
証「それは、私は本人ではないので。」
原「分からないですか。」
証「はい。」
原「あなたは今回、本件で資料として出されているノート、乙10号証と乙12号証、これらは作成年
月日が、2014年5月頃作成されたというふうに証拠説明書に書かれてます。あなたが百田さんと会
って、百田さんが『殉愛』を執筆することが決まったというのは、いつぐらいですか。2014年3月
とか4月と私は思うんですけど、間違ってますか。」
証「そうだと思います。」
原「乙10号証(Writing Lightと印刷され、「マネージャー発言」と印刷されたテープが貼られたノー
ト)を示す。あなたの字で、メモが書かれてますね。」
証「はい。」
原「乙12号証(Expedient notebookと記されたノート)を示す。これも、百田さんの字もありますけど
も、主にあなたの字でメモがされてますね。」
証「はい。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:20:33.250
続き
原「これらの作成年月日が、証拠説明書によると、2014年5月頃です。あなたが百田さんと会って、
『殉愛』を執筆することが決まったのは、2014年3月か4月、つまり、これらのノートは、百田さん
が『殉愛』を書くことが決まってから作成されたということで間違いないですね。」
証「もともと、2年間つけてた日記のものから抜粋して、大きくまとめたものを作ってほしいという
ことで作ったものです。」
原「新たにまた作り直した、『殉愛』を作成するために、あなたが作成したものということで間違いないで
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:21:48.520
161可愛い奥様2018/03/02(金) 14:56:04.57ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」13
すね。
証「もともとあった日記から…。」
原「もともとあったかどうかはいいんですけれども、『殉愛』のために、百田さんから依頼されて
作ったということですね。」
証「はい。」
原「これらのノートは、原本は代理人の先生にお渡ししましたか。」
証「はい。」
原「コピーで出すか、原本そのままで出すかというお話し合いというのは、された記憶はないですか。」
証「先生にお任せしてました。」
原「あなたは最初のほうに、Kさんの人格的な問題があるような趣旨の発言だと思うんですけども
、病気について理解していないような質問とか、ずれたような質問をしたとおっしゃいました。
これ、理解していないような質問というのは、誰にした質問ですか。」
証「主治医のドクターです。」
原「その場にあなたもいた。」
証「はい。」
原「理解していないようなというのは、どういう点について、理解していないようなということですか。」
証「最初に主治医の先生が、残酷ではあるかと思いますけれども、ステージとか食道ガンの予後に
ついて説明して、手術の方法と術前の抗ガン剤の説明をされましたときに、今は事前に本人に告知
するっていうのが、その病院ではそうされていましたし、本人も知りたいということだったので、
聞いていたんですが、そこで、そういう言い方せんでもいいじゃないかとか、そんなはっきり言う
かっていうようなことで、先生のほうに突っかかったようなことをされたので、先生のほうが余り
いい気分にならなかったことがありまして、そこから、術前に抗ガン剤をすることと、手術を受け
て、術後に抗ガン剤をすることによってっていう話もしたんですけれども、それもどうなるん、
それで、結局どうなるんていうような聞き方を何度もされましたし、その手術に関しても何%って
出てるけれども、どういうことなんだっていうことを何度も聞かれまして。」
原「そういうKさんの質問というのは、ガンが理解できてないというふうにもとれるんだけれども
、何とか助かってほしいという気持ちの表れだというふうに、あなたは思いませんでしたか。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:22:29.730
162可愛い奥様2018/03/02(金) 15:02:13.76ID:1UrAjy//0
続き
証「その前に、食道ガン、大体ステージがいくつっていうことは聞いていたので、私としては、
ネットや本ですぐ調べましたし、どこの病院がいいのかとかも調べましたし、そこでは、先生の
意見をきちんと聞いて、理解するという場だったと思うんです。ですが…。」
原「Kさんの希望として、そういうものを持ってたということではないんですか。」
証「やはり、ほかの先生も、ナースの先生も、いや、ですから、こうこうこうですよと。同じこと
を二度、三度
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:23:16.490
164可愛い奥様2018/03/02(金) 15:22:27.18ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」14
言わなければいけなかった状況。」
原「ずれた質問というのは、どういうことですか。」
証「ですから、抗ガン剤を術前にして、小さくしてから手術を取ることができるようになるように
するとか、そういうのは小さくなるんですかとか、小さくしたいから術前にするんですよっていう
ことを先生がおっしゃっても、だから、それでどれぐらい小さくなるんですかとか。」
原「それって、抗ガン剤に対する素朴な疑問というふうに考えられませんか。」
証「ですから、それを二度も三度もっていう…。」
原「そういうことで、あなたは、Kさんという人が、印象として一体この人はどうなってるんだ
という印象を抱いたということ。」
証「どうなってるんだということはないですが、そのとき主人も、もうええと、先生に任せるって
、主人が止めたりもしたので、Kさんはどういう人かというよりは、私としては、先生たちが嫌な
気分をされなければいいなという。」
原「だけど、あなたはKさんに対しては、よくない印象を抱いていたということ。」
証「先ほど言いましたけども、よくないとかいいとかではなくて…、そういうのは特になかったで
す。主人のマネージャーの人っていう。」
原「あなたの今のお話だと、Kさんはドクターに対し、どうなるん、どうなるんと、いわばタメ口
のような聞き方をされてたということですか。」
証「はい。どうなるんすかっていうような言い方です。」
原「それは、その場には当然、隆仁さんがおられたわけですよね。」
証「はい。」
原「師匠の前で、師匠の病状を診ていただいている先生に対して、Kさんがそういう発言をされた
ということですか。」
証「はい。Kさんはそういう口調の方でした。」
原「常にそういう口調だということなんですか。師匠の前でも。」
証「そうですね。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:24:11.530
165可愛い奥様2018/03/02(金) 15:31:11.04ID:1UrAjy//0
続き
被告代理人「反対尋問の中で、あかるクラブについて、2億円を放棄するかどうかというようなお
話が出たということがありましたけれども、あかるクラブで2億円の寄附を放棄するかどうかとい
うのは、何のためにそんなことを検討したんですか。」
証「お嬢さんのほうから、遺留分を請求するというような通知書を受け取ったということで御連絡
がありまして、その御連絡を受けて、配偶者の私であれば税金の控除を受けられるので、遺留分の
請求をされたり、税金が少なくなることがないんじゃないかということで、一旦私に戻して、私か
ら2億円を寄附してほしいということでした。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:25:30.960
169可愛い奥様2018/03/02(金) 15:59:36.92ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」15
被告代理人「2億円を寄付する、どこに。あかるクラブに。」
証「はい。」
被「いずれにせよ、あなたが2億円を受け取ると、本来遺言書の中で言われていたあかるクラブへ
の2億円というものを、自分で取り戻すということではないんですね。」
証「はい。」
被「別に、あかるクラブに最終的に渡るようにしたいという気持ちは、そのとおりだったというこ
とですか。」
証「はい。ですので、あかるクラブの代理人とこちらの代理人も、そういうようにしましょうという
契約書であったりとか、書面も作ってました。」
被「私も見ましたけれども、あかるクラブの代理人が作った契約書案、それから、当時のあなたの
代理人であった先生が作った案、こういったものを両方持ち寄って、どういうふうにしたらいいか
ということを検討したということですよね。」
証「はい。」
被「そのいずれの案でも、仮にあなたのところに戻ったとしても、2億円は最終的に、あなたから
さらに、あかるクラブのほうへ出ていくということでしたよね。」
証「はい。」
被「Kさんへの退職金のお話が反対尋問で出てましたけれども、これは吉村先生が、Kさんに退職
金を払って、辞めてもらうのがいいんじゃないかということでしたか。」
証「はい。」
被「Kさんは当時は、PISの取締役であったわけですか。」
証「はい。」
被「PISの退職金規程があることは、その当時、あなたは知らなかったの。」
証「そのもの自体は知らなかったですけれども、顧問弁護士の吉村先生が、退職金をいくらか払わ
なければいけないということをおっしゃったので、そういう規程があるのだと思って、吉村先生の
中で御用意があるんだと思いました。」
被「その後、実際に退職金規程が作られていたということは分かりましたよね。」
証「はい。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:29:36.950
続き
被「それは、どういう経緯で分かったんでしたっけ。」
証「金庫の中に書類がたくさんあって、その中に紛れていた。」
被「入っていたということでしたよね。」
証「はい。」

171可愛い奥様2018/03/02(金) 16:03:06.05ID:1UrAjy//0
続き
被「Kさんが医療関係のことについて、よく分かっていなかったというのが、最後の反対尋問の中
で出てましたけれども、抗ガン剤について、これを使った人等について、どうなるのかと、注意点
として、どう
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:30:46.690
174可愛い奥様2018/03/02(金) 16:24:34.23ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」16
いうことがあるのかということについて、Kさんが誤解していたことはありませんでしたか。」
証「あったかと思います。」
被「どういう誤解でしたか。」
証「病院のほうから、私は、病院に泊まり込んで看病していましたので、室内にトイレとかお風呂
もあったんですが、抗ガン剤を放射線されてる方と同じトイレや洗面所を使うことによって、曝露
という影響を受けることがあるかもしれないので、同じものを使わないようにという説明もありま
したし、説明が書かれた書類もいただきました。」
被「そのことについて、Kさんが誤った誤解をしていたのではないかというようなことはありませ
んでしたか。」
証「ほかの批判が出たときに、Kさんが、私がそれによって、ガンが移ったって言ったっていうこ
とをおっしゃってると。」
被「それによってガンが移ったというのは、どういう意味。」
証「その曝露のことを、ガンの患者の人と一緒にいるから、ガンが移ったって、私が言ってると、
Kさんがおっしゃっているっていうのは聞きました。けれども、曝露のことを間違えてるんではな
いかなと思いました。」
被「そういうふうに、医学的な知識というか、あるいは説明があっても、誤って理解していたとい
うことですか。」
証「可能性としては、そうではないかと。ガンの人と一緒にいるからといって、ガンが移ることは
もちろんないですし、放射線等の影響があるっていうことを誤解してるんではないかと。」
被「もちろんあなたが、隆仁さんの近くにいたから自分がガンになったなんて言ったことはないですよね。」
証「ないですし、もしも、もしもですけど、そういうふうにガンの人のそばにいて、ガンが移って
、一緒に死ぬことができるんだったら、そうなりたいです。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:31:35.760
176可愛い奥様2018/03/02(金) 16:32:20.71ID:1UrAjy//0
続き
原告代理人「先ほど、あかるクラブの2億円の遺贈放棄に関するお話し合いで、それは税金のこと
であって、そういうお話し合いがされたというお話がありましたね。」
証「はい。」
原「それは、一旦あなたが2億円受け取って、最終的にはあかるクラブに2億円渡るように、きちっ
と整えましょうという前提で、あなたは話をされていたということですよね。」
証「はい。」
原「でも結局、その条件はまとまりませんでしたよね。」
証「はい。」
原「で、遺言どおり、あかるクラブに遺贈が実施されたということですよね。」
証「はい。理由を言ってもいいですか。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:32:23.690
177可愛い奥様2018/03/02(金) 16:48:31.05ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書(2018年1月10日)」17
原「その理由というのはどういうことですか。」
証「まず、遺留分の減殺請求の告知を受けていて、そこから裁判になって、もし寄附受けたものが
、どれだけ返還しなければいけないとか、寄附を受けたものをどういう形で使うのか、また税金を
どれだけ取られるのか、あかるクラブが補填しなければいけないのかって話し合いになったときに
、一般社団法人の場合は補填しなくてもいいということが判明したので、それであれば、私に戻し
たところで、余り意味がないのではないかということと、遺留分に関しても、裁判をせずに話し合
いで解決するようなことをおっしゃっていたので、では私に戻す必要がないのではないかというこ
とで、まとまらなかったです。」
原「で、あかるクラブに2億円が遺贈されたということですよね。」
証「されました。はい。」
原「実行されましたよね。」
証「はい。」
原「で、娘さんが遺留分の減殺請求をされましたよね。」
証「はい。」
原「金額は言いませんけれども、相当額が娘さんのほうに減殺請求で支払われて、あかるクラブと
しては2億円を受け取る、実際の金額として、2億円を使うことはできなくなったということですか。」
証「そうです。はい。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:33:12.450
179可愛い奥様2018/03/02(金) 17:03:13.46ID:1UrAjy//0
続き
裁判官「先ほど、原告側からの質問の中で、ガンの告知での場面で、Kさんが何度も質問したとき
に、最終的に御主人である隆仁さんが止められて、セイジに任せたというふうにおっしゃったよう
に聞こえたんですけど、そこは何とおっしゃったのですか。」
証「先生です。」
裁判官「この本の執筆に当たって、取材を受けることになったようなんですけど、取材を受けた
動機はなんですか。」
証「動機…、正直、亡くなってすぐから、例えば本来は、表に出たりとか、週刊誌に出る必要がな
い内容であったりとか、遺言の内容とかも全て週刊誌に出てしまっていて、すぐにいろんな批判の
ようなことも書かれましたし、週刊誌の記事、あることないことも書かれましたので、そういった
ことを、私にお会いしてない人や取材もしてない人が書いてるっていうところに納得がいかないっ
ていう話を百田さんにしました。そこから、実際はこうだった。ああだったっていう話をしました。」
裁判官「その後、取材をまとめて、『殉愛』の本ができあがる前に、原稿のチェックとかはされましたか。」
証「何度かしました。はい。」
裁判官「それをお読みになって、あなたとして、ここが違うとか、そのような感想、もし覚えていたら、
教えていただけませんか。」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:34:01.250
180可愛い奥様2018/03/02(金) 17:08:11.77ID:1UrAjy//0
続き
「証人尋問調書2018年1月10日)」18
証「もちろんありましたし、お伝えしたこともありますし、勘違いされることであったりとか、こ
こが必要なのかっていうところも、もちろんありましたけれども、それは私の本ではないですし、
私が書いているわけではないので、最終的な御判断はお任せしました。」
以上
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/02(金) 21:40:31.970
190可愛い奥様2018/03/02(金) 19:40:26.73ID:P9yFK7dp0
[3/2 18:21]
たかじんさん妻の名誉毀損訴訟、敗訴の2審判決確定

タレントの故やしきたかじんさんの妻が、サンデー毎日の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の毎日新聞社に損害賠償を求めた訴訟は、妻敗訴の2審判決が確定した。最高裁第1小法廷(木沢克之裁判長)が1日付で、妻の上告を受理しない決定をした。

ttps://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201803020000553_m.html

192可愛い奥様2018/03/02(金) 20:08:09.13ID:NH6L5R+L0
たかじんさん妻敗訴確定 サンデー毎日記事巡り(サンスポ)
ttp://www.sanspo.com/geino/news/20180302/sot18030218330011-n1.html
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/03(土) 19:33:59.850
247可愛い奥様2018/03/03(土) 09:46:45.36ID:mzRMxbLh0
Akiraさんが再ツイートされているので再掲

【閲覧報告】再ツイート
「判決言渡し(被告:毎日新聞社)」@

平成27年(ワ)第7385号 民事41部     2017年4月19日
【判決言渡し】
「主文」
1、原告の請求を棄却する
2、訴訟費用は原告の負担とする

「事実及び理由」
第1、請求
被告は、原告に対し、2200万円及びこれに対する平成26年12月18日から支払済みまで年5分の割合に
よる金員を支払え。
第2、事案の概要
1、前提事実等(当事者間に争いがないか、又は後掲の証拠若しくは弁論の全趣旨により容易に認め
られる事実)
(省略)
2、争点
(1)本件記述1に関する損害賠償請求権の存否(争点1)
(2)本件記述2及び3に関する損害賠償請求権の存否(争点2)
(3)損害の発生及びその額(争点3)
3、争点に関する当事者の主張
(省略)
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/03(土) 19:35:09.710
249可愛い奥様2018/03/03(土) 09:51:32.32ID:mzRMxbLh0
続き
「判決言渡し(被告:毎日新聞社)」A

第3、争点に対する判断
1、争点1について
(1)事実認定
前記前提事実、後掲の各証拠及び弁論の全趣旨を総合すれば、以下の事実を認めることができる。
ア、原告について
月刊誌である『WiLL』の2015年2月号に掲載された「やしきたかじん夫人感涙手記」と題する記事
(以下「本件反論記事」という。)には、原告と、亡隆仁が写っている写真や亡隆仁の遺言書が示さ
れ、亡隆仁や原告への誹謗中傷に対する原告の見解として、本件書籍が全て事実に基づくものであ
ることが記載されている(乙8)
イ、別件訴訟について
(省略)
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/03(土) 19:36:08.050
251可愛い奥様2018/03/03(土) 10:03:41.53ID:mzRMxbLh0
続き
「判決言渡し(被告:毎日新聞社)」B

(2)判断
ア、社会的評価の低下について
(ア)摘示事実について
a、本件記事1は、前記(1)ウのとおり「『殉愛』出版差し止め提訴」という別件訴訟が提訴された
ことを明らかにする見出しの下、訴状を引用する形式の表現を多数用いて、別件訴訟における長女
の主張内容や別件訴訟の被告である幻冬舎のコメントを掲載していることからすれば、本件記事1
は、全体として、別件訴訟が提起されたことを報じる目的の記事であるということができる。
そして、本件記述1に掲載された内容は、別件訴訟の訴状のうち、前記(1)イ(イ)aないしcで摘示した
部分において百田による取材の大部分は原告の供述に基づくものであることが指摘されており、前記
(1)イ(イ)d及びeで摘示した部分において原告のプライバシー権を侵害する本件書籍の記述のほとんど
は原告の捏造であるが、読者は真実であると受け取ってしまうことが指摘されており、前記(1)イ(イ)
fで摘示した部分において長女が名誉棄損として主張している記述について、原告の供述を基にした
伝聞であることが指摘されていることからすれば、いずれも別件訴訟の訴状における長女の主張内
容を摘示するものである。
したがって、本件記述1は、別件訴訟において、長女が、別紙記事目録1記載の内容の主張を行って
いることを摘示するものである。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/03(土) 19:37:04.470
252可愛い奥様2018/03/03(土) 10:13:54.56ID:mzRMxbLh0
続き
「判決言渡し(被告:毎日新聞社)」C

b、原告は、本件記述1は、他の部分と異なり、訴状を引用する形式の表現をとっていないものであ
るし、別件訴訟の一方当事者の意見のみを記載しており、提訴報道の形式をとっていないと主張する。
確かに、本件記述1には、「訴状によると」といった表現は用いられてはいないが、本件記述1はかぎ
かっこが付されて記載されている上、その末尾には「(的場弁護士)」との記載が付加されて、長女の
代理人である的場弁護士の述べた内容であることが明らかになっており、本件記述1が全体として、
別件訴訟の提起を報じる目的のものであること、他の部分において訴状を引用する形式の表現が多
数使用されていることも踏まえれば、本件記述1は別件訴訟における訴状の内容を引用する形式に
なっているものといえる。さらに、別件訴訟の提起直後においては、答弁書等の相手方当事者の
反論が準備されていないことも十分あり得ることであるから、一方当事者の主張のみを記載した
としても、提訴報道の形式を欠くとはいえないものであるし、本件においては、短いながらも、
別件訴訟の相手方当事者である幻冬舎のコメントも掲載している。
したがって、上記原告の主張を採用することはできない。
なお、別件訴訟の訴状において、「伝聞の伝聞」との表現は用いられていないが、前記(1)イ(イ)
fで摘示した部分において、「伝聞」との表現が用いられており、本件書籍の多くの部分について、
百田が原告の供述を基に執筆したことも踏まえると、亡隆仁の発言等は原告を通して伝え聞いたも
のであるということもできる上、上記表現自体は原告の社会的評価の低下に関わらない部分であっ
て、前記aの結論を左右しない。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/03(土) 19:38:27.210
253可愛い奥様2018/03/03(土) 10:26:49.86ID:mzRMxbLh0
続き
「判決言渡し(被告:毎日新聞社)」D

(イ)社会的評価について
本件書籍における亡隆仁の発言等はほとんど原告の捏造によるものであるとする別件訴訟における
長女の主張内容を紹介することは、原告の社会的評価を低下させるものである。
したがって、本件記述1は、原告の社会的評価を低下させる。
イ、公共性及び公益目的について
(ア)本件記述1は、前記ア(ア)のとおり、別件訴訟において、長女が別紙記事目録1記載の内容の主
張を行っていることを摘示するものであるところ、本件書籍は、初版25万部を発行し、別件訴訟の
提起についても、週刊誌、ネットニュース等で話題になるなど、社会的に注目されている書籍であ
り(前記前提事実(4)、前記(1)イ(ウ))、本件記事1は、かかる本件書籍の出版差止訴訟である別件訴訟
の提起を報じる目的で掲載されたものであること(前記(2)ア(ア)a)、亡隆仁が歌手として著名である
だけでなく(前記前提事実(1)ア)、その配偶者である原告も、本件書籍を通じて、また、本件反論記
事において亡隆仁との写真が用いられ、本件書籍に関する原告の見解が掲載されるなどしており(
前記(1)ア)、社会的に注目される存在となっていたことからすると、本件記述1の掲載は公共の利害
に関する事実に関わり、その目的が専ら公益を図ることにあった場合であるといえる。
(イ)原告は、別紙主張一覧表1、「公共性、公益目的」欄記載のとおりの主張をするものであるが、
前記(ア)の検討に照らし、いずれも採用することはできない。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/03(土) 19:39:29.590
255可愛い奥様2018/03/03(土) 10:32:04.30ID:mzRMxbLh0
続き
「判決言渡し(被告:毎日新聞社)」E

ウ、真実性について
本件記述1は、前記ア(ア)のとおり、別件訴訟において、長女が、別紙記事目録1記載の内容の主張
を行っていることを摘示するものであり、別件訴訟における訴状の内容とおおむね一致することは
前記ア(ア)aのとおりであるから、真実であると認められる。
この点についての原告の主張は、本件記述1について別紙主張一覧表1「社会的評価の低下」欄の
「原告の主張」に記載された事実を摘示するとした上のものであって、前記ア(ア)のとおり、
前提を異にすることから、採用することはできない。

(3)小括
以上のとおり、本件記述1は原告の社会的評価を低下させるものであるが、公共性、公益目的及び
真実性が認められることから、本件記述1に関する原告の報告に対する損害賠償請求権は認められない。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/03(土) 19:40:39.830
256可愛い奥様2018/03/03(土) 10:39:23.07ID:mzRMxbLh0
続き
「判決言渡し(被告:毎日新聞社)」F

2、争点2及び3について
(1)事実認定
(省略)

(2)判断
ア、社会的評価の低下について
(ア)摘示事実について
本件記述2及び3により摘示される事実は、原告の主張するとおり、原告が、あかるクラブに対し、
亡隆仁の遺産の中からあかるクラブに対して2億円を寄贈することとされていた亡隆仁作成の本件
遺言は同人の真意でないと延べ、本件遺言の内容に反して、2億円の遺贈を放棄するように求めた
こと、その理由として、亡隆仁の長女が遺留分を主張してきたら、原告自身が生活できなくなる
ことを挙げたことであり、これについて当事者間に争いはない。
(イ)社会的評価の低下について
a、前記(ア)の摘示事実は、原告が自らの生活を維持するために、あかるクラブに対して遺贈の放棄
を求め、本件遺言に示された亡隆仁の意思を裏切ったとするものであり、原告の社会的評価を低下
させるものである。
b、被告は、遺贈の放棄を求めることは本件遺言を前提にした行動であって、本件遺言の内容に反す
る行動ではないと主張する。確かに、本件遺言には遺贈が放棄された場合の条項はあるが、そこで
の放棄は、自発的なものを想定していると解され、原告において遺贈の放棄を求めることは本件遺
言に示された意思に沿うものといえないから、被告の上記主張を採用することはできない。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/03(土) 19:42:30.000
258可愛い奥様2018/03/03(土) 10:48:06.03ID:mzRMxbLh0
続き
「判決言渡し(被告:毎日新聞社)」G

イ、公共性及び公益目的について
(ア)本件記述2及び3は、著名な歌手である亡隆仁の遺産に関する相続人等の関係者の動向を報じた
ものであり、その動向は、サンデー毎日以外の週刊誌等においても報じられ(前記(1)イ)、社会的注
目を集めていたものということができる。また、あかるクラブに対する遺贈の目的は、大阪の発展
などに尽力した者の表彰及び賞金授与に用いることであり(前記(1)ア(イ))、遺贈の放棄いかんについ
ては、公益的な要素も含んでいる。
さらに、原告は、本件反論記事を通じて、亡隆仁の遺産に関する自身の見解を表明しており(前記
(1)ウ)、純粋な一般人とまではいえないことは本件記述1の場合と同様である(前記1(2)イ(ア))。
以上のことからすると、本件記述2及び3の掲載は、公共の利害に関する事実に係り、その目的が
専ら公益を図ることにあった場合であるといえる。
(イ)原告は、原告自身が一般私人であること、亡隆仁の遺産の処分に関する事項は、純粋な私生活
上の事柄であることを主張する。しかしながら、原告が社会的に注目される存在となっており、
純粋な一般私人であるとまではいえないこと、あかるクラブに対する遺贈が公益的な要素も含んで
いることは前記(ア)のとおりであるから、原告の主張は、採用することはできない。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/03(土) 19:44:03.960
260可愛い奥様2018/03/03(土) 10:55:35.37ID:mzRMxbLh0
続き
「判決言渡し(被告:毎日新聞社)」H

ウ、真実性ないし相当性について
(ア)本件記述2について
a、本件遺言によると、あかるクラブが本件遺贈を放棄した場合には、2億円は原告に相続されるこ
とになるところ(前記(1)ア(イ)、(オ))、原告は、あかるクラブに対して、本件遺贈の放棄を内容とす
る合意書案を提示したのであるから(前記(1)エ(ク))、客観的にみて、あかるクラブに対して遺贈の
放棄を求め、放棄された分につき、原告の遺産の取得分を増加させるような行動をとっていたもの
と評価することができる。
そして、本件遺言の記載に照らせば(前記(1)ア(イ))、亡隆仁としては、本件遺贈により、当面の間、
あかるクラブにおいて、大阪の発展などに尽力した者を表彰し、賞金を授与することを予定してい
たものと解されるから、あかるクラブが本件遺贈を放棄した場合には、本件遺言において、第一次
的に予定されていた結果とは異なることになり、亡隆仁の意思にそぐわないとも評価し得る事態が
生じることになるということができる。
したがって、原告が、本件遺言の内容に反して、あかるクラブに本件遺贈を放棄するよう求めたこ
と自体は真実であるということができる。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/03(土) 19:45:08.950
262可愛い奥様2018/03/03(土) 11:04:21.36ID:mzRMxbLh0
続き
「判決言渡し(被告:毎日新聞社)」10

b(a)T記者は、原告が、亡隆仁が死亡した直後である平成26年1月頃、あかるクラブに対して、
本件遺贈の放棄を求めた旨の供述をあかるクラブ関係者から聴取したところ、あかるクラブ関係者
の供述は、同人があかるクラブという本件遺贈放棄をめぐる交渉当事者側の人物であること、本件
書籍を執筆し、原告側の人物であるとうかがわれる百田が、あかるクラブに対し、本件遺贈を受け
入れるのではなく、原告が本件遺贈分を相続した上で、同額の基金を作る方法を打診した旨を述べ
ていること(乙1)に照らしても、外形的な行動について相違はない。
また、T記者は、原告が吉村弁護士に対して生活に困ってまで、マンションを売却してまで寄付しな
ければならないのか尋ねた旨を記載した原告の陳述書を取材資料として入手しており(前記(1)カ、
(1)キ(ア))、かかる取材資料からすれば、原告が長女の遺留分の主張によって生活に困ることとなる
旨を述べたものと認識したことも自然であるということができる。さらに、T記者は原告に対して
も取材を申し込んでおり、(前記キ (イ)及び(エ))、取材自体はかなわなかったものの、関係者双方
から話を聞けるように取材を進めており、あかるクラブに対する取材が行えなかったことは、あか
るクラブが取材を断る旨を明示していたことからやむを得ないものといえる。
したがって、原告が、亡隆仁の死亡直後に、あかるクラブに対して本件遺贈の放棄を求めたことは
真実であり、長女が遺産相続を主張してきたら生活に困ると言及したことについては、真実である
かは必ずしも明らかではないが、少なくとも、T記者が真実であると信じるにつき相当の理由があ
るものということができる。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/03(土) 19:46:39.380
265可愛い奥様2018/03/03(土) 11:10:03.76ID:mzRMxbLh0
続き
「判決言渡し(被告:毎日新聞社)」11

(b)原告は、本件遺贈の放棄がされた場合に、本件遺贈の対象たる2億円を自己の生活に利用する
利己的な考えを持っておらず、実際に長女が遺留分を主張してきた場合でも単身の30代女性として
生活していくには十分な遺産を相続できる旨を主張する。
しかしながら、生活水準は人それぞれ異なり得るものであるから、生活に困るとの発言の趣旨に
ついては多義的な解釈が可能であるというべきである。したがって、T記者のように考えることが
直ちに相当性を欠くことにつながるものとはいえない。
(イ)本件記述3について
あかるクラブ関係者が、本件遺言は亡隆仁の真意でない旨を原告が述べていたと供述したことは、
前記(1)キ(ウ)bのとおりであり、同関係者の供述は、上記認定事実や提出された書証と整合するも
のであり、虚偽の事実を述べる具体的なおそれも想定できないから、l信用することができ、本件
記述3は、少なくとも、T記者が真実であると信ずるにつき相当の理由がある。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/03(土) 19:48:02.410
268可愛い奥様2018/03/03(土) 11:15:09.55ID:mzRMxbLh0
続き
「判決言渡し(被告:毎日新聞社)」12

(3)小活
以上により、本件記述2及び3については、公共性及び公益目的が認められ、いずれも真実である、
又はT記者ひいては被告が真実であると信じるにつき相当の理由があると認められるのであるから
、原告の損害賠償請求権は認められない。

3、まとめ
以上の次第で、本件各記述は、いずれも原告の社会的評価を低下させるものであるが、いずれも
公共性及び公益目的が認められる上、本件記述1は真実であり、本件記述2及び3は、真実である、
又は被告が真実であると信じるにつき相当の理由がある場合に該当するのであるから、原告の主張
に理由はなく、その余の点について判断するまでもなく、原告の名誉棄損の不法行為に基づく損害
賠償請求は認められない。

第4、結論
よって、原告の請求は理由がないから棄却することとして、主文のとおり判決する。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/04(日) 00:14:02.870
311可愛い奥様2018/03/03(土) 20:29:18.60ID:ZBQ3xUGr0
テンプレスレについて
【殉愛】たかじんさくら【百田】テンプレ15 (実質16スレ目)
ttp://mao.5ch.net/test/read.cgi/wom/1519986369/

【殉愛】たかじんさくら【百田】テンプレ14(実質15スレ目)
ttps://mao.5ch.net/test/read.cgi/wom/1510024547
レス559でdat落ち

【殉愛】たかじんさくら【百田】テンプレ13(実質14スレ目)
ttp://mao.5ch.net/test/read.cgi/wom/1477477547/
レス68からテンプレ13に移動、レス70から戻る
レス561でdat落ち

【殉愛】たかじんさくら【百田】テンプレ13
ttp://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/wom/1477150603/
レス496でdat落ち
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/04(日) 00:18:45.600
323可愛い奥様2018/03/03(土) 22:28:01.28ID:ItAEnQH30
ヤフーがスポニチの記事上げてるね

たかじんさんの妻敗訴 最高裁が上告を受理しない決定
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000074-spnannex-ent
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/05(月) 07:56:50.880
338可愛い奥様2018/03/04(日) 01:11:46.17ID:/Aazm9hZ0

いよいよ明日ですね 後妻「2億8673万円払え!」
※2018/03/05(月) 後妻→PIS 退職金等請求事件 東京地裁601号法廷 民事8部に係 13時10分〜
判決言渡しが行われる予定
争点はPISの「役員退職金規程」は本物か捏造か?
東京地裁民事8部に係(手形係)の裁判官は久田淳一

Aさんのツイお借りします
【退職金規程の不可解点】
・制定日が吉村弁護士の顧問就任より前
・原本を提出できない
・危急時遺言書に記載がない
・金庫内ビデオに映ってないのに突然金庫内で発見(2014年2月頃)
・遺留分減殺請求訴訟審理中に唐突に主張(2016年12月14日)
・株主総会の決議なし
・Kマネ訴訟の証人尋問で原告は持ち株数を知るまではPISの代表になるつもりだったことを
認める(『殉愛』364頁の隆仁さんはそのことを想定していない)
・顧問税理士事務所内の片山氏は陳述書を提出しておらず認められないのを承知で証人申請提出か
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/05(月) 15:56:23.180
477 10 名前:可愛い奥様 Mail:sage 投稿日:2018/03/05(月) 14:08:31.00 ID:PDZjKFWU0
裁判長、原告の請求を棄却するって言ってたよ

判決が出る回って、原告も被告も弁護士もだーれも来ないのね
裁判長、空の席に向かって判決文(1行)を読み上げてた
1分で終わったわ
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/05(月) 17:52:06.810
474可愛い奥様2018/03/05(月) 13:45:45.22ID:4BPkdQeA0
これ、面白かったです

博士が生放送中に番組を降板した「真」の理由 『水道橋博士×町山智浩 がメッタ斬りトーク』(3)
2018年3月 5日 12:00

478可愛い奥様2018/03/05(月) 14:11:07.34ID:xzM/5Cmj0
この対談、痛快!!!!!

ttp://tablo.jp/culture/news002963.html
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/05(月) 20:40:21.090
517 名前:可愛い奥様 Mail: 投稿日:2018/03/05(月) 16:42:39.02 ID:mjDC4qtC0
Akiraさんのツイより いつもありがとうございます

【傍聴報告】
弁論(判決言渡)
「主文」
1、原告の請求を棄却する。
2、訴訟費用は原告の負担とする。
以上
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 15:35:01.680
817 2 名前:可愛い奥様 Mail:sage 投稿日:2018/03/08(木) 13:25:51.47 ID:06ZbRL8x0

アドレス間違ってた。
ttp://https://twitter.com/biriksk/status/971601157905817600">ttps://twitter.com/biriksk/status/971601157905817600


822 名前:可愛い奥様 Mail:sage 投稿日:2018/03/08(木) 13:43:26.33 ID:ufhGPi6q0
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:12:13.550
557可愛い奥様2018/03/05(月) 21:42:26.14ID:DSLAb9IZ0

一部抜粋
TABLO 2018年3月5日
博士が生放送中に番組を降板した「真」の理由『水道橋博士×町山智浩 がメッタ斬りトーク』(3)

町山:実はあの番組は、たかじんさんのあの辺の関西の番組を仕切ってる「ボーイズ」という製作
プロダクションがやっていたんです。で、この「ボーイズ」が作っている番組は明らかにテレビ使
って政治に影響を与えようとしている。投票をコントロールしようとしている。博士はそれが気に
食わなかった。で、ボーイズのトップはAという男で。
博士:最近起きてるテレビの事件のほとんどの首謀者、ボクから言わせれば、黒幕です。百田尚樹
先生が書いた、たかじんさんの『殉愛』騒動も、BPOで問題になった『ニュース女子』事件も彼が
裏にいる。「ボーイズ」なのに『ニュース女子』事件を起こしてる(笑)。
町山:具体的に言っちゃうと、テレビを使ったプロパガンダで『維新の会』を選挙で勝たせたのが
Aだと。
博士:というか、関西で、あそこまでの維新の風や、影響力を持たせた、そのマスコミ印象操作の
片棒を担いだ一員だってことです。

博士:「ボーイズ」が作っている番組が『たかじんのそこまで言って委員会』であり『たかじん
NOマネー』です。Aは、もともと、たかじんさんが作った制作会社の社長なの。はじめは政治系
ではなく、お笑い番組の制作会社の出身なんです。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:13:37.200
564可愛い奥様2018/03/05(月) 22:01:37.68ID:DSLAb9IZ0
続き
町山:維新の橋下さんが大阪で熱烈な支持を得たのは、たかじんさんの番組の裏にいる、Aが、
最初から企んでいたことだったと?
博士:いや、企んだというよりは、この人自体は、行動原理に芯がなく中身が無い、ただのノンポ
リだと思う。何かと右顧左眄するけど、とにかく声がデカイだけの「進軍ラッパ」だと思う。
町山:ノンポリだけど、自分がテレビを通して大衆を操れるようになったので、やってみたかった
んだろうねえ。エリア・カザンの映画『群衆の中の一つの顔』はまさにそんな話だった。
博士:制作会社の社長になって、業界の下っ端だったのが、高視聴率を叩き出して、段々と、局よ
りも自分の方が偉くなっていく。その中で、自分自身は全く無思想なのに、その影響力を誇示する
ためにも政治討論番組をやっていく。自分は一切、前に出ることなくアジテーターを雇って、強い
、刺激的な言葉を代弁させている。
町山:それが地方選挙に実際に影響を与えたわけですよね。次に彼らは、国政に影響を与えようと
してて、東京に乗り込んでDHCと一緒にフェイク・ニュース番組『ニュース女子』を作ってるんですね。
博士:俺が主張しているのは、たかじんさんはそんな意志はなかったはずだって。だって自分の放
送をかたくなに東京でオンエアさせなかった人じゃない。大阪の芸人であることをこだわったはず
なのに、そうやって東京まで行って、エセ討論番組作って、しかも、その内容は放送界的に大事故
が起きてるじゃないですか。(略)にもかかわらず、本人は全く表に出てこないんですよ。こんな無責
任者がいる?
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:14:32.820
571可愛い奥様2018/03/05(月) 22:17:04.52ID:DSLAb9IZ0
続き
町山:完全に黒幕なんですね。『藝人春秋2』では「A氏」としか書かれてないですけど、今やっ
てるのは『ニュース女子』と『虎ノ門ニュース』?
博士:(略)この番組の責任者が、もともと「ボーイズ」の関連会社で、殉愛問題に深く関わってい
る人。『たかじんNOマネー』では頭にバンダナ巻いて、青山繁晴さん番だった人だけど、何時の間
にか背広を着た、おエライさんでトップになっていた。
町山:DHCがやってるメディアにA氏という仕掛け人がいるんだという事実は、殆ど知られてい
ないですね。(客席に)知ってた人? いないね。
この本が訴訟になるかもしれないっていうのは、そのAの部分なんだけど。でもAが具体的に何か
違法行為をしたと指摘しているわけじゃないからね。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:20:49.280
599可愛い奥様2018/03/06(火) 07:09:55.06ID:Zb2qWiOS0
たかじんが入院から一時戻ってきたあのときに
NOマネーをエンタメ路線に再起動させようとしたけれど
演出が全く乗ってこなくて結局番組としてはイマイチになってしまったんだ
その辺のギクシャク具合も博士の話とまさに関係あるかも
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:26:51.700
689可愛い奥様2018/03/07(水) 02:05:48.55ID:fiPVh8lv0
再掲
吉村洋文弁護士解任審判 甲6号証 家鋪さくら陳述書(平成26年3月9日) 抜粋

>主人が亡くなった後も主人の遺志を継ぐために様々な活動を続けております。
>・(平成25年12月29日)やって来た吉村弁護士を前に、主人は、遺言のおおよその内容を伝えて、
遺言書に出来るかと聞いていました。その内容は、お嬢様には一切あげないとか、3つの寄付先に
寄付をするとかいうものでした。
主人の状態はもう悪く、もう手書きは無理だと言っていました。吉村弁護士は、それなら危急時
遺言になると言われましたが、実印が必要だとのことでした。主人の実印は大阪の自宅の金庫内に
あることを伝えると、吉村弁護士は、通帳なども合わせて見たいともいわれ、主人が近くを離れる
なと言われたため、私が取りに行くことができないと伝えると、PISのK(実名)マネージャーが自分
で行くのでと言い出しました。
しかしKマネージャーには、PISの資金管理について大きな問題がありました。またKマネージャー
は自宅のスペアキーも持っていることから、金庫の暗証番号を知らせることには抵抗がありました。
このため、吉村弁護士が立ち会い、「中のものが無くなった場合は犯罪になるよ」など、マネージ
ャーに対してプレッシャーを掛けてほしいと伝え、吉村弁護士もわかったと言ってくれました。
・吉村弁護士から、大阪に着いてから連絡があり、主人の金庫と私の金庫の中のものを数えなおし
て、金庫内をビデオで撮影したとのことでした。大阪の自宅には主人の金庫と私の金庫があり、
私のお金はリボンでまとめて主人のお金とは別にしていたのに、なぜ勝手に一緒にしたのか、また
なぜ吉村弁護士が了解なしにビデオ撮影をしたのか疑問を感じました。(略)
・12月30日、吉村弁護士は遺言を作成しに、2人の弁護士とKマネージャーを連れて帰って来ました
。主人は生前、吉村弁護士のことを頼りないとも言っていましたので、遺言書を作成する過程で
録音もしていました。それを聞いて見ると、寄付するお金が足りなくなったらカッコにしといてと
か、現金はさくらになどの発言が聞こえます。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:28:35.090
690可愛い奥様2018/03/07(水) 02:09:33.68ID:fiPVh8lv0
続き
>(12月30日続き)吉村弁護士から遺留分を確保しておくべきだと言われたので、昨日同様、それを
主人にも話ました。また税金などあとで困ることがないように主人に伝えて欲しいと吉村弁護士に
お願いもしました。しかし、後で遺言書の内容を見ると、そんなことは全く触れられておらず不安
を覚えました。
>・12月31日、金庫内を撮影したビデオや預り証について主人に言うと、なんで預り証やねんと怒
り、最後の力でノートに「現金さくら」と書いてくれました。現金は私のものも入っているという
趣旨です。
その後、友人の会社経営者である高橋さんにも相談しましたが、やはりその弁護士がおかしいとの
ことでした。私と主人の間では2年前に業務委託契約書を作成し、毎月一定額の支払いを受ける約束
にもなっており、私が現金を受け取ることになっていましたので、私の現金があっても不思議では
ありません。
この点については別の弁護士の友人にも聞いてみましたが、やはり夫婦の財産を混同させるのは
おかしいとの返答でした。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:29:33.700
691可愛い奥様2018/03/07(水) 02:15:18.67ID:fiPVh8lv0
続き
>2014年1月4日、主人のお嬢さまに連絡すると夕方にいらっしゃり、すぐに遺産について聞かれま
した。私は弁護士さんに聞いてくださいとお伝えしました。
1月5日、主人の密葬が執り行われました。吉村弁護士が火葬にも立ち会うことになりました。
吉村弁護士が着き次第、お嬢様が遺言について聞き出そうとされましたが、吉村弁護士は他の方も
居るので答えられないと言っておられました。葬儀が終わると、お嬢様は吉村さんに遺言のことで
聞きたいと言われて残られ、私は先に帰りました。
数時間して吉村弁護士から連絡があり、お嬢さんが「お父さんならそう書くと思っていた。なんぼ
かほしい。私の立場も考えてほしい」と言われたということでした。
吉村弁護士はその際「お嬢さんは欲出すと言われてたでしょう」と言われ、「欲深いし、つめを伸
ばしてくるタイプなのでいくらか提示して話付けないと大阪市に寄付できなくなる」とも言われま
した。また、「なんぼかあげて寄付のほうに力を入れましょう」とも言われました。
主人は京都のマンション(2千万円程度の価値)くらいならあげても良いとのことでしたが、吉村弁護
士は「自分の経験上こういう人は1億は出さないと」と言われました。私は疑問を口にすると、遺留
分があるからと言われ「寄付分は確保して、1億あげても奥さんは十分生活できますよ」と言われま
した。そういう問題ではないのにと思いました。吉村弁護士の話しでは、この1億円は私が財産を
売って作るということだったので、それは主人の遺志とは大きく異なると思うようになりました。
>(1月7日)その後、吉村弁護士が事務所に行き、関係者と揉め、大事な会社印や家の鍵、通帳や
大事な書類を預かり、主人が会社に貸し付けた4千万円のお金も、なぜか吉村弁護士の口座に移し
たと言われました。吉村弁護士の口座に移すなんて、事前にも事後にも私の了解など一切なしに
です。私は吉村弁護士に、移した証拠を見せてくださいとお願いしましたが、大丈夫ですと言わ
れるだけでなかなか見せてもらえませんでした。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:30:55.750
692可愛い奥様2018/03/07(水) 02:19:54.07ID:fiPVh8lv0
続き
>1月10日、吉村弁護士から連絡があり、何度もお嬢さんから連絡があり、しつこく親族に遺骨を
見せろと言われているが、奥さんは忙しいのでと断りましたと連絡がありました。吉村弁護士は「
見せる義務もないし、お墓の連絡をする義務もない」といい「自分の経験上、欲深い人なんで1億
くらい提示しないとひかない。そういうお嬢さんを持ったのが悪い。普通なら、普通遺言にやらん
と書かれていたら、受け取らんって言うべきや」と言われました。最初から1億で交渉しているの
かということと、その後の私の生活は大丈夫なのかと疑問に思いました。そこでその1億はどうす
るのかを吉村弁護士に確認すると「東京の家を売るか、貸出したら賃料ははいってきますよ。十分
生活できるでしょう」と言われました。「家を売ってまで寄付に回さなくてはいけないのですか」
と聞くと「まあ、たかじんさんの遺志やし、お嬢さんがどう出てくるかです」と言われるばかりで
した。
1月17日になって、私は吉村弁護士に、改めて、なぜ自分の金庫を開けてはいけないのですか、と
問い合わせました。それまで吉村弁護士からは金庫を開けてはいけない、もし開けて「金庫内のお
金を使うと奥さんを相続人から外すこともできますよ」などと言われていたからです。吉村弁護士は
「自分が遺言執行者になるので」と言われただけでした。
1月19日、吉村弁護士がわざわざお嬢さんと交渉するために東京に出掛けるとのことでした。まだ
遺言執行者になった訳でもないのに、お嬢さんのために一人で出かけて行って、3時間以上話して
戻られたとのことでした。お嬢さんは「私の立場も考えて欲しい。何ぼか欲しい」とのことで、
吉村弁護士は「1億が限度、それ以上は大阪市に迷惑がかかるよ。お父さんの遺志に反するよ。
大阪市に迷惑かけてまで遺留分を主張するなら僕は助けませんよ」と言ったとのことでした。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:32:37.310
702可愛い奥様2018/03/07(水) 08:44:54.04ID:fiPVh8lv0
続き
>私が生活費でもらって貯めていたものや、プレゼント代として貯めてもらっている物なども金庫
にあるにもかかわらず、なぜ出せないのか再度尋ねますと「自分が遺言執行者になるときにきっち
り法的に処理したいので」とのことでした。自分のお金であってもですかと聞くと、「さくらさん
の金かどうか分かりませんし、たかじんさんから僕は夫婦の話は聞いてませんので」とも言われま
した。私は、その後の生活も心配だし、金庫内のお金を使うと伝えると「ビデオを撮っているから
、奥さんを相続人から外すことも出来ますよ」とも言われました。
誰の味方で、どうして遺言執行者にもなってない人が、許可も取らずにビデオを撮り、しかもそれ
を盾に相続人をはずすと脅すのかと、吉村弁護士にはもう信頼がおけないなと感じました。
1月23日、吉村弁護士に契約書の件や、主人との間でお金はどういう分け方になっていたのか説明
しましたが、ビデオの返却はおろか、「こういうことがお嬢さんに伝わると、相続人を外される
ことにもなりますよ。いいんですか」とまるで脅しに近いようなことも言われ、「弁護人として
認めてないでしょう」とも言われました。
1月25日、友人の弁護士に相談すると、おかしいと言われ、ビデオの返却及び解任手続きをするよ
うにいわれ、家庭裁判所に申し立てするように勧められました。そこで1月29日、吉村弁護士を
主人に紹介してくれた番組制作会社(株)ボーイズの代表取締役相原康司さんに相談して吉村弁護
士と三人で話し合いを持ちました。相原さんは吉村弁護士になぜ遺留分額1億円でお嬢さんと
交渉したのか、「一体、誰の目線で動いているのか」と吉村弁護士を詰られました。
吉村弁護士はたかじんさんと私のためだと答えていました。詳細は相原さんにお聞きください。
ただ、依然としてビデオの返却もなく、故人のお金を取り出すことについても注意されました。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:33:46.310
704可愛い奥様2018/03/07(水) 08:51:46.93ID:fiPVh8lv0
続き
(最後の行 →駄目だと注意されました。)
>2月5日、吉村弁護士と桃山学院高校校長先生とリーガロイヤルホテル大阪のカフェで3人で会い
ました。校長先生が退席されると吉村弁護士は「桃山から寄付金戻してもらっていいかも」「桃山
から寄付を辞退してもらい、お嬢さんが1億で手を打ってくれればいいっすね」といわれ、改めて
「金庫内のお金は彼だけのものではない。お墓の件もあるし、夫婦のお金もあるので金庫を開けま
すよ」と伝えましたが「お嬢さんからなんか言ってきた時に奥さんをそもそも遺産を受け取る資格
がないと相続人から外すこともできるのですよ」とまた言い出し、この人に信頼がおけないと確信
するに至りました。また金庫を開けると何か問題があるのかと思うようになりました。なぜ、夫婦
のものが同じ家にあるのに、夫婦の会話を知らない人間にこういわれなくてはいけないのかとも
思いました。
>2月14日、遺言書の検認の手紙が届いていると聞いたので、吉村弁護士に電話で改めて「お嬢さ
んに1億の提示をしたんですね」と確認すると「した」ということでした。「お嬢さんが欲深く
つめ伸ばしてくるタイプなんで恐らく権利主張するだろう」とのことでした。「その際は、東京の
家を貸すか売れば、奥さんも普通に生活できるでしょう」とも。この時点で1億の話は進んでいな
いのだと思いました。
2月19日、最後にと、吉村弁護士に家の鍵、PISの総勘定元帳、ビデオ、会社のお金を弁護士事務所
に移した証拠などを返すように依頼をしました。しかし吉村弁護士は、ビデオ以外は出してこられ
ましたが、ビデオは事務手続き上僕が持っておくべきだと言われました。
再度、吉村弁護士に、夫婦の持ち物や財産について話をし、「金庫には夫婦のお金が入っているん
ですよ。他の弁護士先生に聞いても勝手にビデオを撮り、遺言執行者になる前に私の財産よりも
優先して寄付をするとか、お嬢さんに遺留分権利主張について1億で交渉してみたりおかしいですよ
ね」と伝えると、急に対応が変わり、今までは開けてはいけないと言っていた金庫や私の物を取り
出すことも良いと言われました。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:34:34.260
705可愛い奥様2018/03/07(水) 08:56:41.77ID:fiPVh8lv0
続き
>「金庫内のお金を移そうがどうしようが良いですよ」と意見が変わり、ビデオと内容が変わるの
だし、ビデオを持っている権利も無いでしょうと伝えると「裁判所に言われたり、お嬢さんに言わ
れた時に必要だ」と言われ、「そのとき奥さんは自分のお金だと裁判所に主張したらいい。主張し
て認められたら良いじゃないですか」と返せない理由を説明されました。しかし私には全く理解
できません。
この時初めて会社のお金を弁護士事務所に移したもののコピーを見せて貰いました。
2月22日、主人が亡くなって初めて、主人と私の金庫を開けて中を確認しました。せっかく整理し
ていた印鑑や通帳はごちゃごちゃになっていました。また主人から主人の現金は約6000万円入って
いると聞いていたのに、3200万円程度しかなく、2800万円が無くなっているのがわかりました。
私は許せない気持ちで一杯です。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:37:22.650
731可愛い奥様2018/03/07(水) 11:52:47.90ID:fiPVh8lv0

>2月5日、吉村弁護士と桃山学院高校校長先生とリーガロイヤルホテル大阪のカフェで3人で会い
ました。校長先生が退席されると吉村弁護士は「桃山から寄付金戻してもらっていいかも」「桃山
から寄付を辞退してもらい、お嬢さんが1億で手を打ってくれればいいっすね」といわれ、

宝島裁判 後妻陳述書
5.このような経緯で、2014年2月5日の午前11時に大阪にあるリーガロイヤルホテルで、吉村弁護士、
温井氏と私の3人で面会しました。最初に、吉村弁護士から、温井氏に対して、主人の遺言に書かれ
ている遺贈のことをお話ししたのですが、温井氏の方から、「そんな寄付して、奥さん[私のことで
す]の生活は大丈夫なんですか?」という問いかけがあり、「直接、僕に連絡してくれたらよかったの
に」と話がありました。
そして吉村弁護士が席を外した後に、温井氏は、私に対して「あの人[吉村弁護士のことです]が桃山
学院の理事長にペラペラしゃべってしまったから、理事長は寄付を受け取る気でいるんです。何とか
出来んもんか考えます」と言い始めました。

2016年10月19日 毎日新聞社裁判 原告後妻証人尋問より
毎日「あなたはここに、温井さんと吉村弁護士とリーガロイヤルホテルで3人であった時、温井さん
が席を立ったら吉村弁護士が「桃山から寄付を辞退して貰えたらいいっすね」と言ったと書いてい
ますが、宝島の裁判の、陳述書は吉村弁護士の方が先に帰ったと言っていますね。このあたりどう
なってますか?また、光文社の先日の裁判では、桃山の人にはあったことがないと述べていました
ね。なんでですか?記憶がぶれているのか。」
後妻「記憶がぶれているのではなく、書いてないことがあるからです!光文社の裁判のときは、
既に温井さんはあかるくらぶの人だったから。」

裁判官「それらの陳述について、あなた自身が行ったものであることは間違いありませんね?」
後妻「はい」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:38:46.090
733可愛い奥様2018/03/07(水) 12:51:35.56ID:fiPVh8lv0
宝島裁判争点のひとつ「温井メモ」について

後妻陳述書
しかし、今回の宝島の本や雑誌は、私を攻撃するだけでなく、主人が身体も精神も疲れ切っている
ところで精一杯書いた文章を、こともあろうに、主人の文章ではなく誰かの捏造だとしています。
このような本や雑誌が出回り、世間の人がそれを信じてしまっては、亡くなった主人の意向が無視
されることになります。

後妻陳述書
宝島社が示唆しているように私が偽物である「温井メモ」の作成に関与していると温井氏が疑って
いたのだとすれば主人の同級生でもある東弁護士を私に紹介するなどといったことは考えられませ
ん。ですから「温井メモ」を見た瞬間から偽物だと思っていたなどという最近の温井氏の陳述内容
は事実とかけ離れたものです。

温井元校長陳述書
「吉村弁護士には金庫のお金を使い込んでいる疑いがある」「Kマネがお金を掠め盗っている」
以上のさくら氏の話を信じ鵜呑みにしてしまった私は吉村弁護士には非常に問題があると思い早速
その場(校長室)で私の同級生である東幸生弁護士に電話をしてさくら氏の代理人を依頼しました。
その後、さくら氏が校長室を訪れて1時間以上経ってからさくら氏から「実はこんなメモあるんで
す」とメモAとBを見せられました。
注)メモA=「温井メモ」、メモB=「温井メモ2」
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:41:02.400
748可愛い奥様2018/03/07(水) 16:41:20.03ID:fiPVh8lv0
宝島裁判 被告準備書面(2017年5月10日)芳賀 淳 一部抜粋
({}で囲んだ下線部は、被告代理人)
3、被告の主張は被告準備書面4で述べたとおりである。かいつまんで述べると、原告準備書面では
指摘を避けているが、吉村陳述書(乙21)には
1月5日
吉村がたかじん宅訪問。Hと会う。吉村は、Hに対し、遺言の大枠を口頭で述べ「1億円くらいで
あれば話し合いの余地はあるかもしれないと述べた。(Hとの折衝終了後){吉村は、原告に対、Hと
のやりとりを伝えた。原告は「1億円でHを納得させてほしい」と回答。}
(1月5日〜1月19日までの間)
{原告から、「Hは納得しましたか、とか、Hはどうですか」などの問い合わせが多かった。}
Hから、遺言書のコピーをくださいとも依頼があり、吉村が1月19日に東京に行って説明することに
なった。吉村はそのことを原告にも伝えた。
1月19日
吉村とHは羽田空港で会う。吉村は、遺言の内容を正確にHに伝え、Hはそれをメモした。吉村は
Hに対し、「1億円以上の権利を主張するかどうかはHの判断だが、たかじんさんの気持ちも考えて
ほしい。」と伝えた。{(Hとの折衝終了後)吉村は、原告にHとのやり取りを伝えた。}

旨の記述があり、吉村の1億円工作について、吉村が逐次報告しており、それについて原告が関心を
持っていることがわかる。原告が少なくとも暗黙の同意をしていることが十分にうかがえる。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:48:32.420
814可愛い奥様2018/03/08(木) 13:22:16.10ID:06ZbRL8x0
西岡研介 @biriksk
宝島社から「全面勝訴」との一報

ttp://https://.twitter.com/biriksk">ttps://.twitter.com/biriksk

817可愛い奥様2018/03/08(木) 13:25:51.47ID:06ZbRL8x0
ttps://twitter.com/biriksk/status/971601157905817600
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:51:30.110
845可愛い奥様2018/03/08(木) 14:34:15.90ID:8EKx2+PL0
速報 「百田尚樹・殉愛の真実」裁判、宝島社が一審勝訴!
ttp://tablo.jp/case/news002985.html
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:55:12.120
851可愛い奥様2018/03/08(木) 14:59:39.68ID:znO8/1Df0
「ニュース女子」問題 BPOが「名誉毀損の人権侵害」と判断

ttps://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/news-joshi-20180308?utm_term=.hgpazmopg#.quo02VDoy
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 17:56:18.590
867可愛い奥様2018/03/08(木) 16:05:13.01ID:5xk15ySf0
西岡研介@biriksk 2018年3月8日 14:52
しかし、後妻さんも「サンデー毎日」、「宝島」と次から次へとメディアを名誉毀損で訴えて、
連戦連敗ってどうなのよ?w

己の訴えと、「殉愛」(百田尚樹著w幻冬舎刊w)のデタラメぶりを自ら喧伝してるとしか思えんのやけどw
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 18:07:17.490
891可愛い奥様2018/03/08(木) 17:36:48.95ID:tr4A57k10
ryosuke ino

【一審全面勝訴のご報告】
平成27年(ワ)第35605号損害賠償等請求事件
(慰謝料1000万弁護士費用100万の請求「百田尚樹『殉愛』の真実」販売・頒布中止の請求)
原告・家敷さくら 被告・株式会社宝島社 主文 1.原告の請求をいずれも棄却する。2.訴訟費用は原告の負担とする。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 18:09:23.490
894可愛い奥様2018/03/08(木) 17:41:45.86ID:tr4A57k10

ryosuke ino

【殉真読者の皆様へ】
ご支援ご声援を送って頂いた『殉真』読者の皆様、ありがとうございました。
まだ一審判決の段階ではありますが著者さんならびに編集部の主張が全面的に認められました。
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 19:21:16.460
916可愛い奥様2018/03/08(木) 18:59:54.76ID:06ZbRL8x0
西岡研介@biriksk

やしきたかじんの後妻が宝島社刊「百田尚樹『殉愛』の真実」を訴えた判決文読了。
ばくっと解説すれば東京地裁は被告(宝島社)側の主張を積極的に採用しているわけでもないのに
原告(後妻)の「全面敗訴」の判決を下したという感じ。
つまり、それほど無茶苦茶なことを言うてるというわけですわ後妻さんはw

ttps://twitter.com/biriksk/status/971677897562861568
Ms.名無しさん [sage] 2018/03/08(木) 21:57:26.680
920可愛い奥様2018/03/08(木) 19:33:21.07ID:5xk15ySf0

ryosuke ino@RyosukeIno 45m
【誤記の訂正/ 失礼しました】家敷× 家鋪⚪

921可愛い奥様2018/03/08(木) 19:42:13.32ID:5xk15ySf0
西岡研介@biriksk 1h
そしてこの後妻につられた百田尚樹センセイをおだてて梯子に登らせて「殉愛」なる事故本を
書かせた連中がこのクソ番組を作ったというわけですわ。まさに醜悪の極みですな。

「ニュース女子」問題 BPOが「名誉毀損の人権侵害」と判断(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース

勢い5万以上のスレをメールでお知らせするサービス、実施中!!
憧れボディをGETしたい!その夢、ボニックで!

2ch勢いランキング 全部 1- 最新50 女性板ランキング

凡例:

レス番

100 (赤) → 2つ以上レスが付いている
100 (紫) → 1つ以上レスが付いている

名前

名無しさん (青) → sage のレス
名無しさん (緑) → age のレス

ID

ID:xxxxxxx (赤) → 発言が3つ以上のID
ID:xxxxxxx (青) → 発言が2つ以上のID

このページは2ch勢いランキングが作成したキャッシュです。元のページはこちら。削除についてはこちら